OCEANS

SHARE

2020.10.27

ファッション

藤井隆行、種市暁、橋本敦が徹底討論。「長く着られる服」ってなんだろう?

2011年。あの震災を経験した僕らは人と人との絆を再確認し、真摯なモノ作りへの思いを強めた。そして、「ノームコア」という概念のもとで、ベーシックな服を志向した。
あれから時は流れること9年。当時は想像だにしなかった「ビッグシルエットブーム」という潮流を経て、モードブランドもストリートな感性に磨きをかけている昨今。突如降りかかったのが、コロナウイルスの災禍だ。日常の当たり前がガラリと変わった。
こういうとき人間は、過去を顧みるものだ。折しもファッション界においても、盛んに「サステイナブル」が叫ばれるなかでの出来事。そこでオーシャンズは今こそ、「長く着られる服選び」が大事なのでは?と考えた。大人ともなれば、時世も鑑み、ただ欲望の赴くままでいいのかという自戒の念もある。
そこで。長いキャリアを通じて、いい服を知り、かつ普段も親交のある3人を急遽召集。「大人の長く着られる服」について一緒に考えてみた。
藤井隆行、種市暁、 橋本敦が徹底討論。「長く着られる服」ってなんだろう?
[左]ノンネイティブ デザイナー 藤井 隆行 Age 43
20年続くブレない服作りで、業界の内外に多くのファンを持つノンネイティブのデザイナー。同業として共感できるブランドやリスペクトできるブランドをメインにピックアップ。
[中]フリープランナー 種市 暁 Age 47
ご存じ「種さん」。ファッションに関する引き出しは多数。ルーフトップテントを装備したSUVで愛犬オカラとともに海へ山へと出かけるフットワークの軽さも、最近はコロナで停滞気味。
[右]スタイリスト 橋本 敦 Age 43
メンズ誌・広告・タレントなどで、クールなスタイリング手腕を発揮。独立して20年以上というベテランの域に。最近仕事と趣味用にバンを購入してサーフィンとゴルフも楽しむ2児の父。
——これからの時代、「長く着られる服」がクローズアップされていくように思うんです。皆さん、今から振り返って、結果、長く着ている服はどういったものですか。
藤井 最初から「この服、長く着よう」とは思わないですよね。結果、ワードローブに生き残っているという感じで。
種市 そうだね。僕は、使い続けて味が出るものが残っています。ヴァンズやグイディのブーツはそう。キレイに使い続けることにプレッシャーを感じてしまうから。この間、メルカリでボロボロに履き古されたヴァンズを見つけて「格好いい」って興奮してたら、それを見せた友人がドン引き(笑)。
「ヴァンズ」のスニーカー。「ボロくなるほどいい。かつては天日で干したり、虫に食わせたりとセルフエイジングを楽しみました」(種市)。西海岸で愛されるスニーカーブランドからクラシックラインをピックアップ。上から、「オールドスクール」「オーセンティック」「エラ」。上から9000円、7000円、6000円/すべてヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)
橋本 アシスタントの頃から履きつぶしては買い替えているのはブランドストーンのブーツ。履きやすさはもちろん、雨ロケなど実用性の良さから長いこと愛用しています。
「ブランドストーン」のブーツ
「ブランドストーン」のブーツ。1870年創業という老舗で、頑丈さとシンプルな見た目から、ファッション界にも愛用者多数。「最初に買ったのはアシスタントのときで、グリーンのスエードでした」(橋本)。本作は創業150周年の記念モデルでタブが特別仕様に。2万6000円/ブランドストーン(シードコーポレーション 03-6709-9662)
藤井 決して「一張羅」ではないんだけどね。
種市 それそれ(笑)。
橋本 時期によってマイブームがありますけど、今残っているのは、「自分に合わせてリサイズしたもの」。デザイナーがいる前で言うのもはばかられますが、どこかしら気になるとほぼお直しに出しています。
種市 スタイリストっぽい!
藤井 自分のワードローブにいかに馴染むかという点も長く着る際には大事だと思うから、それは理解できる。
——直すことでより長く着られるわけですからね。


2/2

RANKING