OCEANS

SHARE

2020.09.21

時計

Gショックの生みの親に聞く、想い出モデルと普段使いモデルBEST 3

タフネス時計の雄として君臨する「Gショック(G-SHOCK)」。
“壊れない時計”として1990年代に一世を風靡してからというもの、その人気は停滞するどころか、さらに熱量を増し、時計離れが騒がれる現代でも「男たちのマストハブ」として愛されている。
正真正銘のGショック初号機
これが正真正銘のGショック初号機。特別な意味が込められているが、それは下にて!
Gショックの初号機、DW-5000Cのリリースは、1983年にまで遡る。それから35年以上の月日が経過していくなかで、タフネスの象徴であるこのリストウォッチは、数々の派生モデルが登場。その種類はもはやメーカーでも管理しきれないほどで、累計の出荷本数は1億を超えている。
では、我々はどんな基準で選べばいいだろうか。
今回は初代Gショックの開発者の伊部菊雄さんに、想い出のモデルを3本と、日常的に愛用している時計3本をそれぞれセレクトしてもらうことにした。

生みの親である伊部さんが厳選したGショックとは? まずは「想い出のモデル BEST 3」から発表!
「Gショック開発秘話」編はコチラから


2/3

RANKING