OCEANS

SHARE

2020.09.20

時計

開発と辞表提出、どっちが先? Gショック生みの親に聞く誕生秘話

1983年、カシオ計算機から発売された「Gショック(G-SHOCK)」は、年齢、性別、国籍問わず、世界中で愛されている腕時計だ。
それまで精密機器である時計は「壊れることが当たり前」だったが、Gショックの誕生を境に、その価値観は一新された。
Gショックの初号機、DW-5000C。ダイヤルの下部分に「PROJECT TEAM Tough」とあるのは、当時、開発に携わったメンバーだけに配布されたもの。
ところで、落下強度10m、防水性能10気圧、電池寿命10年の「トリプル10」を当初の開発コンセプトとしたこのタフネスの象徴は、たった「1行の企画書」から始まったことをご存知だろうか。
Gショックの生みの親、伊部菊雄さんにインタビュー。その開発秘話についてうかがった。
カシオが誇る技術者、伊部菊雄さん。彼は、言わずと知れたGショックの生みの親である。
誰もが知る「壊れない時計」というコンセプトは、伊部さんが高校入学時に父親からプレゼントしてもらった腕時計が、ひょんなきっかけで壊れてしまったことにより発案された。伊部さんはこう振り返る。
「会社で人とぶつかったときに時計が腕から外れてしまい、文字盤どころか、すべての部品がバラバラに飛び散ってしまいました。もちろんショックでしたが、それ以上に『精密機器である腕時計は、落としたら壊れる』という常識を目の当たりにしたことに感動したんです」。
Gショックの開発秘話は驚きの連続だった。
「この実体験をもとに、“落としても壊れない丈夫な時計”というコンセプトが生まれ、企画書にそれだけを書いて会社に提出しました」。
この企画書は奇跡的に通過した。しかし、このときの伊部さんは、その先に待ち構える苦労など知る由もなかった。


2/3

RANKING