OCEANS

SHARE

2020.08.06

時計

名作腕時計と暮らすってどういうこと? 4つのシーンに溶け込む4本レビュー

熱望の末に、望みの時計を手に入れて、心満たされた男の姿がここに。ご覧あれ、その充実感たるや!日常が活気に溢れ、活動的になること請け合い。
この感動、一度手にしてみるだけで共感いただけると思うのだ。
 

創始者の美意識を添えたタイムレスな美しさ

HARRY WINSTON ハリー・ウィンストン/HW エメラルド・オートマティック 33mm
腕時計K18WGケース、縦39.3×横33.3mm、自動巻き。230万円/ハリー・ウィンストン 0120-346-376、ブルゾン27万円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

HARRY WINSTON
ハリー・ウィンストン/HW エメラルド・オートマティック 33mm

ブランドの創始者、ハリー・ウィンストン氏が生涯愛したエメラルドカットのダイヤモンド。ブランドロゴのモチーフにもなっているこのカタチを、ケースの形状で再現する。時代を超越するタイムレスな美しさが宿っているのはそういった理由から。
丁寧に面取りされたケースと深みのあるグラデーションのブルーダイヤルが邂逅し、男のエレガンスを漂わせる。まさに“時を刻む宝石”といえよう。
 

傑作ドレスウォッチの奥深きイノベーション

JAEGER-LECOULTRE ジャガー・ルクルト/マスター・コントロール・カレンダー
腕時計SSケース、40mm径、自動巻き。118万円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833、シャツ1万4000円/ビームス ジャパン 03-5368-7300、パンツ2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)、Tシャツは私物 All Keith Haring Artwork ©Keith Haring Foundation Courtesy of Nakamura Keith Haring Collection.

JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト/マスター・コントロール・カレンダー

ラウンドウォッチコレクション「マスター・コントロール」が、今年ガラリと刷新された。この年次カレンダーモデルもほかと同様、ロゴのサイズダウンや、JLマークの立体化などにより、いっそう上品に。
ラウンドウォッチコレクション「マスター・コントロール」/ジャガー・ルクルト
ムーブメントは、70時間のロングパワーリザーブ化やシリコン脱進機の搭載による耐磁性能の向上など、実用化が進んだ。見た目にはわかりにくい進化だが、ブランドの価値を高めているのは間違いない。


2/2

RANKING