OCEANS

SHARE

②自転車で畑に通う農夫たちの自信作

「コノスル オーガニック カベルネ ソーヴィニヨン」 ヴィンテージ:2018、ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール、シラー、産地:チリ、市販価格:1000円前後
続いては、気候風土に恵まれた新世界のワイン産地、チリの赤ワイン。
コノスルが造るワインは価格帯もリーズナブルで、なかにはコンビニで入手できるものも。特に渡辺さんがオススメするのはオーガニックラインで、なんとコチラは1000円程度で購入可能。
「ワインを飲み過ぎて翌日に頭が痛くなる方がいますが、私の感覚では、オーガニックなものは次の日に残りにくい。このエチケットに描かれる自転車は、毎日ブドウ畑まで自転車で通う農夫たちのシンボルです」。
オーガニックな畑の周りで車やトラックが排気ガスを垂れ流すなんて言語道断……そう言わんばかりのアツイ想いが感じられるではないか。
「ワインの味ですが、赤系果実と黒系果実の凝縮した旨味がタンニンときれいに調和し、絶妙にブレンドされています。とんかつや肉じゃがといった、がっつり系の家庭料理と相性が抜群です」。
ほかにもピノ・ノワール、マルベック、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランといったブドウ品種がオーガニックで展開されている。
「それぞれ、ブドウ本来の味がとてもわかりやすく素直に造られているので、ブラインドテイスティングの練習にもピッタリです。ブドウの特徴を感じるにはもってこいのシリーズですから、ワインの勉強をしたいと思ったら、入門編としてこのシリーズのワインを飲み比べてみるのをオススメします」。
ブドウ品種の飲み比べをリーズナブルにお試しできる、まさに新たな教養を手に入れるチャンスにもなりうるワインである。


3/3