OCEANS

SHARE

2020.04.27

時計

2本目候補の非定番Gショック。アクティブライフに役立つ新作を厳選

コスパ良しな「コレ買っ時計」とは?
1983年、“落としても壊れない時計”というコンセプトのもとに誕生し、いまやカジュアル時計の代表格となったGショック(G-SHOCK)。
オーシャンズ世代なら「定番は持ってるよ」という人も多いはず。そこで今回は、多彩なバリエーションの中から、定番とは違う“2本目”にぴったりな新作を紹介する。
 

1:タフな構造に加わったプロ仕様の機能

「GBX-100-2JF」縦50.9mm×横46.0mm、2万4200円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
プロアスリートからの要望を取り入れ、ハードな使用に耐えるタフネスに機能性を加えた「G-LIDE」。1999年からこの名称が使用されはじめ、現在では世界のトップサーファーから支持されるモデルとなった。
その理由は高い実用性にある。新作モデルでは、スマホ連携機能を初搭載し、潮の満ち引きはもちろん、日の出日の入り時刻も把握可能。さらにトレーニング計測もできる。
また機能面だけでなく、ベゼルにメタルを採用するなど、デザイン面もスタイリッシュに進化。機能、見た目の両面で、2本目Gショック候補に打ってつけなのである。
 

2:海を愛する武骨な男に、アナログのフロッグマン

「GWF-A1000-1A2JF」縦56.7mm×横53.3mm、9万9000円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
陸・海・空の極限に挑戦する人のための「MASTER OF G」シリーズ。そのなかで“海”に該当するのがこの「フロッグマン」だ。今回、初となるアナログ表示モデルが登場した。
1993年の誕生以来、継承され続ける左右非対称のフェイスデザインは健在で、当然のタフネス仕様。カーボン繊維入りの樹脂をケースに採用することで、200m防水を実現している。
さらにこれまでより22g軽量化。またスマホ連携機能により、ダイビングログをスマホで確認可能。我々好みなアナログデザインながら、利便性も大きく向上している。


2/2

RANKING