OCEANS

SHARE

2020.01.19

ライフ

“下手くそ”だからこそ。鈴木啓太の成長秘話が僕らに教えてくれるもの

元サッカー日本代表の鈴木啓太氏
もう、そんな季節がやってきた。
プロスポーツの世界では、シーズンが終わると、来シーズンに向けたチームの動向に注目が集まりだす。なかでも、選手たちの移籍や引退の発表はメディアを賑わせ、その情報にファンやサポーターたちは一喜一憂する。
スター選手の争奪戦が繰り広げられ、その一方で選手が去っていく様子は、ストーブを必要とする季節になぞらえて「ストーブリーグ」と呼ばれるほど加熱し、「誰がどのチームにいるか、よくわからない」という声も聞かれるほど、目まぐるしくチームの顔ぶれが変わる。そんなストーブリーグの季節がやってきたのだ。
そんな時代にあって、長いプロ生活を1つのチームで過ごした男がいる。元サッカー日本代表の鈴木啓太氏(38歳)だ。
鈴木は、高校卒業後の2000年に浦和レッドダイヤモンズ(以下、浦和レッズ)に加入してから、2015年に引退を発表するまでの16年間を、浦和一筋で過ごした稀有な選手だ。当然、サポーターからの信頼は厚く、引退してから4年が経った今でも、浦和の居酒屋に顔を出すと、店主がビールを出してご馳走してくれるという。
「すごく嬉しいですよね。僕より上手な選手はたくさんいたのに、いまでもファン・サポーターの方々に可愛がってもらえるんですから。不思議ですね」。
柔和な表情で語り、屈託無い笑顔を見せる姿は、かつて激しいプレーでスタジアムを沸かせた選手と同一人物とは思えぬほどだ。
 

下手くそでも未来は作ることができる


自らを下手だったと語る鈴木だが、下手な選手がなぜ日本代表まで上り詰めることができたのか。鈴木が浦和レッズに入団した直後のエピソードが面白いので紹介しよう。
鈴木は、浦和レッズ加入時の入団会見の際に、「日本代表になる」ことを高らかに宣言した。そして、加入してから少し経ったある日のこと。練習後に鈴木がマッサージをしていると、となりにいた福田正博氏からこう質問された。
「お前どういう選手になりたいんだ?」。
福田氏は、「ミスターレッズ」と呼ばれ、当時エースとして絶大な人気を誇った選手だった。そんな選手に対して、鈴木は躊躇することなくこう言った。
「僕は日本代表になります」。
そのときは半ば呆れたような表情を見せた福田氏だったが、鈴木はチーム内で地道な努力を重ね、2006年より日本代表の中心選手として活躍するようになった。2008年に福田氏が浦和レッズのコーチとして戻ってきたときには、「お前、本当に日本代表になったな」と言って祝福されたそうだ。
「福田さんは覚えてくれていたんですよ。多分、ギャップが大きすぎたんでしょうね。こんなに下手くそな奴が、“日本代表になる”なんてって言ったのが強烈だったようです。でも、そのときに、人は言葉で未来を作るんだなと感じました」。


2/3

RANKING