OCEANS

SHARE

2020.01.23

【ポルシェのトリセツ】設計へのこだわりが産む、常に「最新が最良」な車

車のトリセツ●走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。

ポルシェの真骨頂も原点も“設計”にある

ポルシェの歴史は、1875年に生まれたフェルディナント・ポルシェというひとりの天才技術者から始まった。
彼は電気会社に就職後、ローナーという車のデザインや設計などを行うカロッツェリアに転職し、そこで初めての車、ローナー・ポルシェという電気自動車を設計する。その後もダイムラー(のちのメルセデス・ベンツ)をはじめ、いくつかの自動車メーカーでスポーツカーの設計に従事したあと、1930年に車の設計会社としてポルシェ社を興した。
その後、ヒトラーと知り合う機会を得た彼は、当時の「すべての人のための“国民車”を設計したい」というドイツの思想に共感し、フォルクスワーゲン(国民の車、という意味)を完成させる。ところが第二次世界大戦が始まるとこの車は軍事転用され、ポルシェ博士の夢ははかなくも散ってしまった。
戦争後にこの車が「フォルクスワーゲン」として販売され、やがて世界中で「ビートル(カブトムシ)」として愛されるようになったのはご存知の通りだ。
ビートルとポルシェ博士
フォルクスワーゲンのプロトタイプの前に立つフェルディナント・ポルシェ。自動車の設計開発に関する数々の功績が讃えられ、大学を卒業していないにも関わらず名誉博士号を授与され、ポルシェ博士と呼ばれるように。


2/4

RANKING