OCEANS

SHARE

2019.09.22

ファッション

デニム×タイダイ×スニーカー。俺らの“好き”を全部乗せしたルイ・ヴィトン

自分のスタイルの根底に「アメカジ」を持つ大人であれば、このキーワードの“三つ巴”には心が震えるのではないか?
デニム、タイダイ、スニーカー。
「トロカデロ・ライン スニーカー」/ルイ・ヴィトン
「トロカデロ・ライン スニーカー」8万4000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 (C)LOUIS VUITTON
まさに夢の組み合わせでデザインされた一足は、ルイ・ヴィトンからリリースされた新作。メゾンの定番スニーカー「トロカデロ」に、ジャガード織りでモノグラム・モチーフをあしらったデニムアッパーを乗せ、タイダイ風の加工を施した。
なんにでも合わせやすそうなローテク顔のデザインに好感が持てるが、「俺、実はハイテク派なんだよね」という人には、ミドルカットの「ファストレーン」をオススメしておきたい。
「ファストレーン・ライン スニーカー」/ルイ・ヴィトン
「ファストレーン・ライン スニーカー」10万4000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 (C)LOUIS VUITTON
「トロカデロ」と同じ素材をアッパーに使いながらも、まったく違った印象。丸く太めのシューレースやプラスチックパーツのコンビネーションが好アクセントになっている。
そもそも、ルイ・ヴィトンでは珍しいタイダイは2019年春夏コレクションのキーモチーフとなっており、メンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブローは、
タイダイ:素朴なサイケデリック要素があり、その幻覚のようなエフェクトが幸福感の表現に使用されることが多い。自分で染めることもできる技法のため、ヒッピー文化が色濃く残るウィスコンシン大学出身者にはノスタルジックな価値がある。 
と定義している。タイダイはメゾンの歴史とは対極にあるモノかもしれないが、それをミックスすることで新たな価値を生む、ヴァージルらしいクリエイションの妙が光る新作だ。
さあ、どちらにするか?と思っていたら、ソックスのようなフィット感が魅力のモデル「V.N.R」でもタイダイバージョンがリリースされた。
「V.N.R・ライン スニーカー」/ルイ・ヴィトン
「V.N.R・ライン スニーカー」各13万4000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 (C)LOUIS VUITTON
こちらは赤とグリーンが基調で、タイダイ柄の上にグラフィティ風デザインがプラスされている。シュータンの「LV」イニシャルのシグネチャーもナイス。
いやはや悩みのタネが増えてしまったが、いずれにしても、俺らの“好き”を全部乗せしたスニーカーなんて、見逃すわけにはいかないのである。
 
【問い合わせ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854


SHARE

RANKING