OCEANS

SHARE

街乗りするなら知っておきたい
スピードのこと、バッテリーのこと
ほかにも大人の男が乗りたくなるようなeバイクは数多くある。「バッテリーはどんどん小さく、軽量化が進んでいます。デザインの自由度も増していますよ」と教えてくれたのは、モトベロ・広報の村上耕大さん。
代官山モトベロ
代官山モトベロ。所狭しとマシンが並ぶが、これはすべて電動自転車。こんなに多くのモデルがあったなんて!
かつては重くデザインの自由度も低かったが、技術革新が進み、クロスタイプなど一般的なeバイクは20kg強で、スポーツ系は20kgを切るモデルもあるという。一般的なママチャリタイプの電動アシスト自転車は30kg前半だから、スタイリッシュなこれらのバイクがいかに“そぎ落とされている”かがわかる。
「ただ、スピードが速くなっているわけではありません。道路交通法により電動アシストは24km/hまでと決められています。そのため、アシストの上限速度に近づくにつれ、アシストが減っていきます」(村上さん)。
ちなみにeバイクの弱点である充電切れに対しては、スポーツ系を中心に持ち運びしやすい取り替え式のバッテリーも多いという。
「とはいえ、通勤で持ち歩くのは現実的ではないので、バッテリーの消費を抑えるためにギアを活用しましょう。車の燃費と一緒で、急ブレーキや急アクセルは電圧が上がり、バッテリーの消費が増えます。極力、踏み込みの力を一定にするのがポイントです」。
使い方のポイントを押さえれば、よりスマートに乗りこなせるeバイク。デザインのバリエーションも増え、通勤はもちろん、都市での移動の概念を一変させてくれるパフォーマンスを備えているようだ。
[取材協力]
代官山モトベロ
住所:東京都渋谷区猿楽町16-15 代官山T-SITE GARDEN3号棟
電話番号:03-6277-5698
営業:10:00〜20:00
www.motovelo.co.jp/
澤田聖司=写真 吉州正行=取材・文


SHARE