OCEANS

SHARE

2019.03.14

かぞく

「もっと頭を使いなさいよ!」家事・育児の場面で、妻はなぜそんなに厳しい?

皿洗い
>連載「妻からの『キツいひと言』読解講座」をはじめから読む
夫たちが妻から言われた「キツいひと言」の裏側を、現役ママでもある筆者がひもとく本連載。第3回は、育児や家事の場面で妻から発せられた厳しいひと言をご紹介します。

妻たちには、夫がぼーっとしているように見えてしまう

「駐車場で遠い場所に車を止めており、車に向かって歩き始めたときに、妻から、自分だけ車を取りに行き、近くまで車を回してくるように言われた。そのときに、『もっと頭を使いなさいよ!』と言われショック」(42歳)
「僕が赤ちゃんをお風呂に入れたときに、傍らで見ていた妻から『いつもぼさっと見てるからできないんだよ』と言われた」(43歳)
最近のパパたちは、私たちの親世代に比べると、家事・育児に積極的な男性がとても増えていると思います。まったく家事も育児も妻に任せているという男性のほうが珍しいくらいですよね。それなのに、なぜか妻たちの夫に対する「家事・育児」の評価は低い。私の周りでも、そのことで自分の夫にイライラしているママたちは多いです。
それには、女性ならではの2つの特徴が関係しているように思います。
[1]女性は、身の回りのものを注意深く見て、細かい変化にもよく気がつく
[2]女性は常に最悪の事態を想定して、先々まで予測して行動を決める
まず、[1]のほうから、具体的に例を挙げて解説してみたいと思います。ママ友から先日こんな話を聞きました。
「夫に子供の着替えを頼むと、上の子と下の子の洋服をよく間違えるんです。2歳違いで確かに大きさは近いのですが、性別も違うし、下の子の服を上の子に着せれば、明らかにパツパツ。なのに、気づかず保育園に連れて行ってしまうんです」(7歳女子と5歳男子のママ)
また、よくママたちから聞く話として「夫に食器洗いをしてもらうと、汚れがいつも残っているので洗い直している」というのもあります。女性の場合、目に見えない油汚れが残っていないかなどは、常に注意して見ながら洗い物をしている人が多いと思いますが、男性にはその視点がない人が多いかもしれません。
子育て以外のシーンでは、例えば、相手の服装や髪型が少し変わっただけでも女性は気づくということもあります。「その服新しいねー」なんて、職場の女性同士で話しているシーンを見たことがあるでしょう。逆に、夫は妻たちの髪型が変わっても、新しい服を着ていても気がつかない人が多いですよね。
このように身の回りの細かいことに気がつく能力は、女性のほうが格段に高いと思います。それによって、子供が赤ちゃんの頃には、表情や泣き方で体調の変化などを察することができるのかもしれません。
これが、女性にもともと備わっていたものなのか、あるいは、子育てをする中でそういった能力がさらに磨かれていったのかはわかりませんが、この点において男女差があることは明らかです。


2/2

RANKING