OCEANS

SHARE

2019.02.24

ファッション

重視すべきはお得感より完成度。本当に価値ある3つの2-WAYアウター

リバーシブルを代表例に、結構あります2-WAYの服。そこで、「お得感」という庶民的発想ではなく、その服自体のクリエイションとしてどれも傑作と言って過言ではない3着を厳選した。
 

「ユニフォーム・エクスペリメント」のブルゾン

「ユニフォーム・エクスペリメント」のブルゾン
8万5000円/ソフ 03-5775-2290
人気継続のMA-1……と思いきや、裏返すとテーラードジャケットになる、まるでイリュージョンのリバーシブル仕様。加えて、上襟にはニュアンスを保つワイヤーが仕込まれていたり、胸ポケの裏地を出すとチーフ風に見せられたり、ギミックが随所に。ブランドの人気定番というのも納得。
 

「ランバン」のコート

「ランバン」のコート
24万6000円/ランバン ジャパン 03-4500-6172
高密度のコットン素材のネイビー無地と、ナイロンをメインに混紡されたグレーのチェック生地からなるリバーシブル仕様のステンカラーコート。表裏でガラリと印象が変わるも、ともにベーシックな色柄で使いやすい両A面のスプリングコートだ。
 

「サイ ベーシックス」のコート

「サイ ベーシックス」のコート
5万6000円/マスターピースショールーム 03-5414-3531
撥水&防風性がある高密度ナイロンのミドル丈ジャケット。内側に留められたスナップボタンを外すと、折り返された裾が延長されて膝下丈のコートに。スタイリングに応じてはもちろん、自転車やクルマに乗るときは短く、街を歩くときは長く、シチュエーションで使い分けられるのが便利。
 
渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング 髙村将司、いくら直幸、今野 壘=文


SHARE

RANKING