OCEANS

SHARE

2019.01.17

あそぶ

2019年の日本がきっとフィーバーする「スポーツの3大要素」

平成の歌姫の引退劇に炭酸水の爆発的なヒットなど。 2018年も多くのトレンドが生まれたが、 2019年は何が話題になるだろう?  オッサンが知っておくべき流行予測を7人の識者に依頼した。今回はスポーツ専門誌でも活躍するライター・田澤健一郎さんによる、2019年に日本を熱狂させる3つのニュースについて。
平昌五輪、サッカー・ワールドカップ、大坂なおみのブレイクと2018年も盛り上がった日本のスポーツ界。2019年も今から楽しみなスポーツイベントや活躍が期待されるアスリートがたくさんいる。今回はそんな2019年に注目すべきスポーツの話題をいくつか紹介しよう。
[2019年のスポーツはこうなる!]
①ラグビーワールド杯が世界中の注目を集める!
②日本人選手がNBAでドラフト上位に入る可能性あり!
③東京五輪出場枠を賭けた選手同士の戦いが始まる!

予測①ラグビーワールド杯が世界中の注目を集める!

2018年11月3日に行われた「リポビタンDチャレンジカップ2018」の日本代表vsニュージーランド代表戦。©JRFU
まず一大イベントといえば日本で開催されるラグビーのワールドカップだろう。アジアでの開催は初、2019年9月20日(金)の開幕から11月2日(土)の決勝戦まで、日本は世界のラグビーファンから注目される1カ月半となる。
ホスト国の日本はオープニングゲームでロシアと対戦する。前回、2015年のワールドカップの一次リーグ・南アフリカ戦で「世紀の番狂わせ」と呼ばれた勝利を皮切りに、ワールドカップでの連敗を止め、史上最高となる3勝1敗の好成績をマークしたことは多くの人の記憶に残っているだろう。
今回はそれでも叶えられなかった一次リーグ突破、ベスト8が目標だ。日本が一次リーグを戦うプールAの対戦国はロシアのほか、アイルランド、スコットランド、サモア。世界ランキング上位のアイルランド、スコットランドにどんな戦いができるかがポイントになる。
前回は南アフリカの歴史的勝利のあと、中3日しかないなかでスコットランドと対戦して大敗したことが響き、一次リーグを突破できなかった。だが、今回の日本は各試合、日程に余裕がある。このアドバンテージを活かせるかはひとつのカギ。特にスコットランド戦は日本が中7日に対して相手は中3日。それが一次リーグ最後の試合となる。前回とは逆の条件となるこの一戦がヤマになる可能性は高い。
ただ、日本の戦いは気になるところだが、そうでなくても世界の強豪が集い、本気でぶつかるワールドカップを自国で観戦できるのは、おそらく一生に一度の貴重な機会。全国12会場で開催される全48試合、チャンスがあれば、ぜひスタジアムに足を運んでほしい。


2/3

RANKING