OCEANS

SHARE

2018.12.23

ファッション

もう完売寸前!? 人気ブランドの新ラインに日本初上陸モノ…… 注目ダウンが続々!

冬本番を目前に、各ブランドから続々リリースされている傑作ダウン! とくれば、まずは信頼と憧れを同時に満たすイットブランドは外せない。その実力は、もはや疑う余地なし。買い逃しにだけはご注意を!
名門スポーツウェアブランドの参入やデザイナーズブランドの本格的な新作、話題のコラボまで、冬の一張羅に相応しいダウンがこの冬は目白押し! いい大人の体と物欲を一番暖めてくれるのは、いったいどれだ!?
 

MOOSE KNUCKLES
ムースナックルズ

14万2000円/グルッポタナカ 0120-135-015
今年日本での正式展開が始まったカナダ発の注目株。コットンナイロンシェルの「コーナーブルックパーカ」はその人気作のひとつ。650フィルパワーの上質なダックダウンをぎっしりとパッキングし、フードにはノーブルなフォックスファーをレイアウト。随所のリベット補強がアクセントになった、機能も見た目も隙のない1着。
 

VALANDRE
ヴァランドレ

6万9800円/ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
ヒマラヤ登山などでも実際に使われているフランスのダウンメーカー。スペイン・ピレネー山脈で採れるグレーグースダウンは、ガチョウの羽毛を直接職人が手摘みすることで、800フィルパワー以上という抜群のかさ高性を備えている。そして、シェルはナイロンリップストップ。要はめちゃくちゃ軽くて、抜群に暖かいのである。
 

KAPTAIN SUNSHINE
キャプテン サンシャイン

12万円/キャプテンサンシャイン 03-5793-8588
ステッチの露出を最小限にとどめ、ダウンのボリュームを引き立てたデザイン。裏地はレトロアウトドア然としたフォレストグリーンで、裏返しても着られるリバーシブル仕様。グリーン側にはウエスト部分にドローコードが配してあって、オーバーサイズをキュッと絞るとツウっぽく着こなせそう。丸型のマジックテープもイナタい感じで◎。
 

NEW BALANCE
ニューバランス

5万7000円/ニューバランス ジャパン 0120-85-0997
グラフィカルな切り替えとモードなモノトーン、ボリューミーな膝上丈と、ハイストリート化の気運高まる現代の流れにぴったりな1着。機能面も抜かりはなく、体の放射熱を使ってウェアの内部の温度を高める特殊な素材をライニングしたり、袖口にはサムホール付きのインナーカフスを設けていたりと、細部まで凝っている。
 

RAB×JOURNAL STANDARD
ラブ×ジャーナル スタンダード

12万円/ジャーナル スタンダード 表参道 03-6418-7961
トップアルピニストが自身の経験をもとに製作している英国の気鋭メーカー、ラブに別注したこちらのモデルはブラックに随所のリフレクターロゴが映えるエッジの利いたデザイン。脇下にはベンチレーションを、内側には大きめのメッシュポケットを配していて、フードにはワイヤー入りと、うるさがたでも納得の完成度だ。
 

BERGHAUS
バーグハウス

5万2000円/好日山荘 078-231-1381
もともと、撥水加工がなされた謹製のハイドロダウンに、ニクワックスという、撥水剤を使うことで耐水性を極限まで高めた全天候型ダウン。薄手で軽量だが、内側には高機能素材、リフレクト アルミメッシュが縫い込まれており、体から出た熱を反射させることで保温性もキープ。フィットする作りは欧州ブランドらしくてスタイリッシュだ。
 

ADS
エーディーエス

6万9000円/オンワード樫山 03-5476-5811
ブランド名は、空気を通す特殊なテープをダウンパックに使うことで縫い目を減らし、軽さと保温性をより高める「アドバンスドダウンシステム」のイニシャルに由来。マットなポリエステルタフタの生地に止水ジップを配した、シックなデザインながらアクティブにも対応できるサイズ感がうれしい。リブのないスッキリとしたデザインも◎。
 
清水写真事務所=写真 荒木大輔=スタイリング 今野 壘=文


SHARE

オーシャンズ メルマガ

RANKING