OCEANS

SHARE

2018.11.18

ライフ

軽井沢の別荘は、エリア単価がこんなに違う! 基準価格と物件を公開!!

連載「実現可能か!? 俺の週末・軽井沢ライフ」
’80〜’90Sに青春をすごした男にとって、軽井沢は特別な場所である。かつて避暑地として一世を風靡した、緑深くも都会的なその土地に、憧れを抱かずにいられない。そんな場所に拠点がつくれるとしたら! 今回のテーマは別荘購入。低・中・高価格帯の3段階に分けて、憧れの別荘を覗き見する!
連載「実現可能か!? 俺の週末・軽井沢ライフ」をはじめから読む
前回の記事「軽井沢ライフスタイル・カタログ」でも紹介したが、毎週末を過ごすような二拠点生活が目的なら、思い切って別荘購入へと踏み切る選択肢は十分あり。都会の喧騒を離れ、家族や自分のためだけの場所を確保できるのは、なにものにも代えがたい。
とはいえ、別荘購入はどこか遠い話に感じてしまうのも事実。実際にどんな別荘があって、どんな価格設定なのか。軽井沢で別荘販売を行う「軽井沢コンサル」の金山城太郎さんに、軽井沢の地理とおカネの関係を聞き、低・中・高価格帯の3段階で物件を紹介してもらった。

300坪未満の土地は買えない!? 軽井沢別荘の相場マップ

「別荘購入はかつて、セレブだけに許された贅沢でした。でも、近年は二拠点居住ブームも手伝い、安価な別荘を購入するケースも増えている。もちろん、ステータス性の強いエリアは“億越え”の物件でひしめいていますが、目先を変えれば400万〜500万円のお手ごろな物件もありますよ」(金山さん、以下同)。
別荘購入をリアルに検討するなら、価格の基準は知っておきたい。そのためには、まずは押さえるべきルールがあるという。
「軽井沢町では、緑に囲まれた別荘地の景観を守るために『軽井沢町自然保護対策要綱』という条例を設けています。これは、別荘を建てる土地の最小面積を300坪、それに対する建物の容積率・建蔽率をそれぞれ最大20%に定めた条例。つまり、軽井沢の別荘の価格は、1坪あたりの坪単価×300坪がキホンになります」。
たとえば、坪単価10万円の別荘を買うなら、少なくとも10万円×300坪=3000万円。つまり、購入面積を減らせないぶん、坪単価がキモとなるのだ。

「最も高額なのは伝統のある旧軽井沢エリアで、坪単価は60万円から。次いで人気の南ヶ丘・南原エリアは坪単価20万円〜40万円、新軽井沢の別荘エリアは30万円〜40万円です。一方で、地元の住人も多い中軽井沢エリアでは、坪単価は10万円〜20万円前後。西側の追分(おいわけ)エリアになれば、より安価な“1ケタ物件”も溢れています」。
だが、仮に坪単価3万円の物件でも、300坪で計算すれば900万円。ウワサの400万円〜500万円物件には届かない。
「それほどの安さになるのは北軽井沢エリアです。北軽井沢の住所は長野県ではなく群馬県で、条例の影響を受けません。300坪以下の別荘でも建てられるので、価格も安く収まるのです。そのほか、条例のできる前(1972年)に作られた中古物件のなかにも、300坪を切っていて格安な“お宝物件”が隠れています」。



2/2

RANKING