OCEANS

SHARE

2018.08.06

ライフ

平日は大工、週末は林業。「木」にこだわり、日々を生きる男


連載「37.5歳の人生スナップ」
もうすぐ人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。生き方のヒントが見つかるはずだ。
「37.5歳の人生スナップ」を最初から読む

 

自伐型林業「熱海キコリーズ」に参加する男

「林業」と聞くと、過酷なイメージを持つ人は少なくないだろう。ヘルメットを着け、安全靴を履き、チェーンソーで樹木を伐り倒す。力仕事であり、高所で作業するため、危険もともなう。実際、労働災害発生率や死亡率が高い仕事でもある。
太田大翔さん(33歳)は、主に内装を行う建築会社の代表をつとめながら、自伐型林業に取り組む任意団体「熱海キコリーズ」に所属し、週末だけ林業をしている。山に入って間伐(密集を防ぐために木を切ってまばらにすること)を行っているのだ。

取材時は、木材を利用してなにかを作っている真っ最中だった。額に汗をにじませ、電動ドライバードリルを使って作業する太田さんに、大声で質問を投げかける。木材を一つひとつ組み合わせ、知人のバイク小屋を作っているところだという。


「先月からDIYを始めたんです。この夏に完成できれば、と思っているんですけど……」(太田さん、以下同)。
しかし、DIY(Do It Yourself)と呼ぶにはいささか大がかりだ。道具を駆使しながら、数人がかりで汗だくになって作業をしている。

「この木材は購入したものですが、ときには自分たちで採ってきた木を使って、ものづくりをすることもあります。熱海のすぐそこの山から、みんなで間伐して運び出して」。
指さしたのは、遠くに見える鬱蒼とした山々。静岡県熱海市伊豆山にある、姫の沢の山から採ってくるのだという。
太田さんは、仕事として林業をやっているわけではない。利益はほとんど出ない。ボランティアに等しい活動なのだ。平日は自分の建築会社で仕事をし、週末は山に入っていく。いわば、人生を「木」に捧げている。
危険を顧みず、山に飛び込んでいく太田さん。なぜそこまで「木」にこだわって生きているのだろうか。


2/4

RANKING