37.5歳の人生スナップ Vol.1
2018.04.30
LIFE STYLE

人生の自由度を広げたい。「兼業主夫」の道を選んだ男のストーリー

連載「37.5歳の人生スナップ」
人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。鬱屈した思いを抱えているなら、彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。

主婦とは、家庭内で家事と育児を担う女性のこと。しかし、近年は少数ながらも、この役割を担う男性も現れ始めた。つまり「主夫」だ。少しずつ広がりを見せるなか、彼らの生き方も多様そのもの。連載の手始めとして、主夫という生き方を選んだ男たちの考えや生活を3回にわたって紹介することにしよう。


「主体的に家事・育児をする夫=主夫」という生き方

勝間直行さん(39歳)の朝は、今年5歳と3歳になる子供たちを起こすことから始まる。ふたりともやんちゃ盛りの男の子だ。

まず6時ごろにひとりで起きて、シャワーや歯磨きなどを手早く済ませ、パンとコーヒーといったメニューの朝食をとる。7時になると、子供たちを起こす。元気があり余る子供たちを寝かしつけるのは大変で、朝はなかなか目を覚ましてくれない。だから、ときには布団の上で寝間着を脱がせ、そのまま着替えさせてしまうこともある。

勝間さんは「主夫」だ。ただし、専業の主夫ではない。かつては医薬品を扱う企業のMR(営業)だったが、子供たちとの時間を増やすために、以前より拘束時間が比較的短い会社に転職した。

いまや共働き世帯は多数派となり、「夫は外で働き,妻は家庭を守るべき」という価値観は古くなりつつある。とはいえ、家計を支える夫が「主」で、子育てや家事を担う妻が「従」という考え方の家庭もまだあるかもしれない。

しかし、勝間さんと結婚6年目になる同い年の妻のあいだには、こうした「主」「従」の概念はない。勝間さんはいくつもの選択肢の中から、自ら進んで「主体的に家事・育児をする夫=主夫」という生き方を選んだのだ。

NEXT PAGE /


主夫を選んだ理由は「将来への投資」と「子供との時間」

勝間さんは、主夫を仕方なくやっているわけでも、やらされているわけでもない。勝間さんのブログには、子供たちとの日常が綴られている。それを読むと、勝間さんが楽しんで子育てしていることがよくわかるのだ。

しかし、結婚当初は少し違った。勝間さんいわく、当時は「良いところをするだけの“エセ”イクメンだった」という。

「結婚の翌年にすぐ長男が生まれたのですが、当初は子育てや家事はほとんど妻がやっていました。僕が子育てに関わるのは、おむつを替えたり、たまに夕食を作ったり、土日にベビーカーを押して公園に行ったりする程度でした」(勝間さん、以下同)。

後から勝間さんが妻に聞いたところでは、初めての育児だったこともあり、当時はそんな夫に不満だったという。

「あなたは本当に大変なことを全然やってくれない、育児も家事も結局、全部私じゃない?と。僕もたまに夜中にミルクを作ってあげていたんですが、妻にすれば『私はあなたの3倍起きている』という感じだったようです」。

妻のイラ立ちの背景にあったのは、産休からの復職後に直面した会社での現実だ。当時の妻の勤務先はICT系の大手企業。もともと夫妻は、同姓の評論家・勝間和代さんが主宰するセミナーで知り合った。

ところが、復職すると、時短だったために任されるのは雑務ばかりで、高いモチベーションで取り組めるような仕事はアサインされない。時短でもきちんと仕事している自負があったが、評価は低い。思い描いていた理想のキャリアと現実とのギャップに思い悩むこととなった。

「妻にはフルタイムに戻りたい気持ちがありました。でも、夫婦がともにフルタイムで働くなら、時間を効率的に使うようにしようと。そこで妻と話し合い、子育てや家事をこういうふうにやっていこうと決めました」

勝間さんが育児・家事に積極的に取り組み始めたのはそれからだ。そのときに、勤務先ももう少し時間の融通がきく会社に変えた。

NEXT PAGE /


子育てと家事は夫6:妻4、月イチで家庭内ミーティングを実施

「子供と過ごす時間」を増やすために転職する。そう言うと、簡単な選択に聞こえるかもしれないが、かなり大きな決断だ。

なぜこの生き方を選ぶことができたのだろうか。その理由を勝間さんはこんなふうに説明する。

「僕は妻がビジネスパーソンとして優秀だと思っていて、もっとやりたいことがあるなら、思いっきり自由に仕事してほしかった。一方、僕はすでに何度も転職しています。新卒で入社してキャリアを積み重ねた人なら、簡単にそのキャリアを捨てられないと思いますが、僕の場合はそうではなかった。その点も大きいと思います」。

もちろん、勝間さんも仕事では自分の担当先に責任を持ち、きちんと成果を上げている。ただ、小さい子供は体調を崩しやすく、保育園の送り迎えなどもある。

自分たち家族にとって何がベストで、子供にストレスを与えないためにはどうすればいいか?

考え抜いた結果、主夫という選択肢があることに気づいた。前述したように、主夫とは誰かにやらされるのではなく、「主体的に子育て・家事を行う夫」という意味だ。

なによりも、子供と過ごす時間が増えたことで、仕事では得られない「子育ての楽しさ」にもあらためて気づかされたという。

「子供と多くの時間を過ごしていると、毎日の成長を見られるんです。寝返りするのさえ大変だったのに、2本足で立って、走って、いまやリズムに合わせて踊ったりする。子供たちが成長する姿を間近で見ることによって、自分もスキルアップしよう、勉強しようという意欲が生まれ、『成長したい!』と思えるんです」。

そして、笑うことが増えた。子供は一挙手一投足がかわいいので、自然と勝間さんも笑顔になるのだ。

「職場では、こんなふうにいつもニコニコして笑顔でいることって少ない気がします」。

その後、第2子の妊娠・出産を機に、勝間さんが保育園の送り迎えや夕食も作るようになった。家事・育児の夫婦の分担は6:4。勝間さんが6で妻が4だ。今にいたる主夫業の開始である。

現在は、月1回ほどのペースで勝間さんと妻による家庭内ミーティングを行い、子育てや家事の分担を調整しているという。まるでドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出てきたみくりと平匡の家族会議のようだ。


主夫という選択の一番の障壁は日本社会全体の「理解の低さ」

ただし、主夫に対する偏見は根強い。ダイバーシティが注目を集める反面、日本社会には「夫は外で働き、妻が家を守る」という固定観念があり、なかなか主夫への理解が得られないのが現実だ。

「生きづらさは感じますね。『主夫』という概念が浸透していないので、『主夫やっています』と言ったら、相手は『主婦』をイメージしてしまう。だから、あまり外ではこの言葉を使いません。会社も同じで、『子育てしているので早く帰ります』とは言いづらい雰囲気があります」。

こうした社会の理解の低さに加え、もうひとつ主夫の障壁となるのが、子供が大きくなった後の社会復帰だ。

子育ての期間は有限で、15歳ぐらいになればもう親の世話はいらない。家事・育児を優先して50歳前後の年齢になってしまうと、働き口の選択肢が限定的になる。

「正直、会社を辞めてもいいかなと思ったことがあったんです。でも、なんらかのスキルを持たないと、子育てが一段落した後の選択肢が有期雇用しかなくなります。それも悩みのひとつですね。だから今、後々困らないように、コンサルタント養成講座を受講するなどして、自分の未来に投資しています」。

楽しんで子育てするだけではなく、子供たちが大きくなった後の自分のライフステージを見つめることも、主夫という生き方では大切な要素となるわけだ。

勝間さんの妻は現在、第3子を妊娠中だ。半年後には家族がもうひとり増え、さらに楽しい日々が始まる。

男性は仕事が人生の中心になりがちだが、「こういう選択肢があることも知ってほしい」と勝間さん。テーマは生き方の自由度を広げること。勝間さんのチャレンジは、これからも続いていく。

取材・文=押尾ダン(清談社)

# 37.5歳の人生スナップ# 主夫
更に読み込む