OCEANS

SHARE

2018.07.22

ライフ

不動産投資ビギナーが知るべき、物件選びのチェックポイント


37.5歳から旅立つ、マネークエスト Vol.10
不動産投資の前提知識はGetした我々。今回は、初心者が身につけておくべき心得を、さくら事務所の創業者・長嶋 修さんから伝授してもらう。必要な予算、基本的な物件の選び方など、はじめる時に気をつけたいコツを身につけていこう。
「37.5歳から旅立つ、マネークエスト」をはじめから読む

いよいよ、不動産投資という大ボスの具体的な攻略のはじまりだ。倒すための武器ともいえる初期費用だが、いったいどの程度、必要なのだろうか。前回も話したとおり、不動産投資は、1000万円弱で購入できる中古のワンルームマンションから、数千万単位の中古アパート一棟買い、億単位の新築マンション一棟買いなど、規模はさまざま。

「初心者なら3桁万円後半〜1000万円前半台のワンルーム物件から始めるといいでしょう。頭金は3割といわれているので、200〜400万円くらいを頭金にして、残りはローンを組むのが一般的です。注意したいのは、不動産物件は株などと違いすぐに売れるものではありません。そのため、万が一の事態に備えた貯蓄分まで頭金につぎ込まないようにしてください」。
ちなみに、住宅ローンは35年なども珍しくないが、不動産投資では7〜15年が一般的だという。これは、不動産投資は住宅購入と違い、収益が発生する事業としての側面が大きいから。金利やローンの期間は、事業融資と同じく、物件の収益性や個人の使用情報などを加味して、個別に決まるという。
「例えば、頭金が多ければ信用度が高くなるので、金利は低くなることが多い。私が知っているなかでは、0.49%で借りた人もいました。もし、ローン金利が運用利回りを上回ると、常に赤字です。運用利回りをみるときには、管理費や税金、ローンの金利なども含むことを忘れないで下さい」。


2/3

RANKING