37.5歳から旅立つ、マネークエスト Vol.1
2018.05.04
LIFE STYLE

30年後に笑うための“マネークエスト”。30代こそ貯蓄を始めるとき!

37.5歳から旅立つ、マネークエスト Vol.1
誰が言ったか知らないが「人生はゲームみたいなものだ」という名言がある。確かに、人生なんて、リアルなRPGみたいなものかもしれない。実際、RPGも人生も、お金は大事だし……。この連載では、人生に困らないだけの「お金」を手にする方法を身につけるためにクリアしなければいけないミッションを「マネーRPG」と命名。マネー賢者の元へと修行に赴き、お金に困らないためのスキルを身につけていく。37.5歳、まだまだ遅くない。いざ、旅立ちのとき!

なぜ貯める? なぜ使っちゃいけない? 服、クルマ、家具、ガジェット……溢れる物欲に負け続けた我々の内なる声である。わかっちゃいるけど貯められない。貯めようと思うとストレスが溜まる。でも、「貯蓄」する意義を知れば、その意識はきっと変わるはずなのだ。というわけで、はじめのミッションはコレ。


自分はどのレベル? 同世代の金融資産の平均は……

まずは、隣のあいつはどれくらい貯めているのを知ることで、自分の資産レベルを知ることから始めよう。

金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](2017年)」によると、年収500〜750万円の30代が保有する金融資産の中央値は320万円。ちなみに、金融資産なしは16.9%、一方で1000万円以上も14.6%存在した。ここには、貯蓄だけなく、株や投資信託なども含まれているが、ある程度の目安にはなるだろう。あなたのレベルは、どれくらい?

なかには「40代、50代になったら、自然とお金は貯まっているでしょう」と気楽に考えている人もいるかもしれないが、それは甘い。住宅購入や子供の成長などのライフイベントで出費は増加。むしろ、金融資産がない世帯は29.2%に増えている。厳しい言い方をすると、30代で貯蓄癖が付いてなければ、40代50代でも貯蓄できない可能性が高いのだ。


「お金は楽しく使ってなんぼ」。その本当の意味は?

この流れでいくと、つい「老後破産の危機」などと煽りたくなるのがメディアだが、そんな風潮に警鐘を鳴らすのが、今回のマネー賢者であるファイナンシャルプランナーで晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドさんだ。ここで、最初のキーワードである「お金は楽しく使ってなんぼ」という言葉を頂いた。

「ファイナンシャルプランニングとは、つきつめると“今使うお金”と“将来使うお金の仕分け作業”です。将来使うお金のことを貯蓄と呼びます。今は人生100年時代です。自分の人生設計を組み立てたときに、いつ、どんなお金を使うのかを整理することから始めましょう」とカンさん。

人生設計やお金の整理と聞くと、なんだか面倒な感じもするが、カンさんからは「お金というフィルターを通すと、家族の将来が具体的にイメージできるようになります。それこそが、貯蓄や資産形成の第一歩」というアドバイスがあった。ここで、具体的な教育費や住宅購入費を計算し始めたあなた。残念ながらゲームオーバーだ。

「○○に××万円かかるから、必ず貯めなくてはいけないというモチベーションでは、失敗することが多い。老後にかかるお金を試算したいという人もいますが、30年も先の話は不確定要素が多すぎて、リスクを勘案していたらキリがありません」。

真面目な人ほど、用途別に必要なお金から逆算して月々の貯蓄額を決めたり、将来のリスクに対して手厚い貯蓄をしたりしてしまい、結果的にうまくいかなくなるケースが多いという。

「もっと単純に考えていいのです。とりあえず、用途やリスクを考えずに、貯蓄をしておいて、必要なライフイベントに応じて出費すればいい。お金に色はないのですから、使い方はあとから決めればいいのです」とカンさん。このアドバイスを聞くと、自分でも貯蓄が始められそうと思う人は多いだろう。

NEXT PAGE /

30代は貯蓄を始めるチャンスの世代

しかし、気になるのは30代という年齢。「もっと若いときに頑張っていればよかった……」と後悔しても後の祭りだ。だが、カンさんによると「むしろ、30代は貯蓄を始めるチャンス」だという。理由は、環境が大きく変わる人が多いから。

「結婚や子供の誕生によって新しい家族ができると、誰しも未来の生活を想像します。そのための貯蓄ならモチベーションもアップするでしょう。また、ある程度の貯蓄額になれば、投資信託などの資産運用でお金に働いてもらうこともできます。30代から始めても、60代まではおよそ30年。十分、間に合います。着実に実行するには、まずは今月、来月の収支を見直すことから始まります。月並みですが、千里の道も一歩からですよ」。


お役立ちアイテム「ライフプラン シミュレーション」

ここでカンさんから、マネーRPGに役立つアイテムが手渡される。それが、日本FP協会や全国銀行協会を始めとして、金融機関のホームページなどで試すことができる「ライフプラン シミュレーション」だ。

日本FP協会のライフプラン診断(https://www.jafp.or.jp/know/lifeplan/simulation/)※この画像はサイトのスクリーンショットです。

これは、現在の年収や貯蓄額、仕事や退職金の有無、配偶者や子供の存在、現在の生活や老後に過ごしたいライフスタイルなどを入力すると、将来にわたっての収支を計算してくれるというもの。お手軽に現状把握ができるので、お金に不安がある人は、軽い気持ちでやってみるといい。

「気をつけたいのは、お金を貯めることが目的になると本末転倒だということ。目的は人生を充実させること。将来使うお金だということを忘れないでください」。

カンさんからアドバイスをもらったところで、貯蓄の意義を知るというミッション1をクリア。

ミッション2では、マネー賢者のカンさんが、より具体的に貯蓄方法をアドバイス。貯蓄はマネーRPGをクリアするための第一歩。貯蓄で元手を作れば、加速度的にマネーRPGの世界はクリアしやすくなるという。しかも、貯蓄には努力はいらないとのこと。いったい、どんな方法なのか、乞うご期待。

【今回のマネー賢者】
カン・チュンド
晋陽FPオフィス代表。資産運用に特化したコンサルティングを手がける。自所セミナー回数は200回を超え、東京証券取引所、野村證券、松井証券、SBI証券など多数の講演実績を持つ。日本経済新聞、週刊ダイヤモンドなどへのメディア出演も多数。著書に「毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」(明日香出版社)など。

取材・文=コージー林田

# お金# マネークエスト# 貯蓄
更に読み込む