OCEANS

SHARE

<変身後のスタイル>

キーアイテムのフリースは後出。Tシャツ6,800円/マニュアル アルファベット(エムケースクエア)、パンツ17,500円/ウィーク(シーアトリエ)、スニーカー20,000円/プーマ×アーバンリサーチ(アーバンリサーチ 神南店)、メガネ36,000円/恒眸作×ポーカーフェイス(ポーカーフェイス ヌーボ・エイ アイウェア事業部)
◆朝比奈さんの感想
「痩せて見えることに驚きました(笑)。いい年だからと仕事も休日もシャツ一辺倒でしたが、ラフなアイテムでも色使いと合わせ方次第で大人っぽく見えるんですね。」


<今回のホットなキーアイテム>

ザ・ノース・フェイスのフリースカーディガン
29,000円/ザ・ノース・フェイス 原宿店
アウター用として活躍しそうな毛脚の長いフリース生地は、高い保温性を備えるポーラテック製。首回りを暖めてくれるボリュームある襟が特徴。胸元のネーム刺繍はボディと同色なので、無地感覚で着られる。
カジュアルウェアも、ワザ次第でキレイめにセンスアップできる。自由で楽チンなのにダラしなくない、オトナの“フリーススタイル”にぜひ挑戦してみてほしい。
清水将之(mili)=写真 川田真梨子=スタイリング 越智めぐみ(上條事務所/ALFALAN)=ヘアメイク
次回を読む



SHARE