2021.06.13
WATCH

オーデマ ピゲ・ロイヤル オークの新作はすでに入手困難、その理由を探る

海を愛する人も、時計を愛する人も、一本は持っておきたいダイバーズウォッチ。

あーでもない、こーでもないと思いながら「もういくつも見て回ったよ」という人の終着駅となり得る本命が登場した。

オーデマ ピゲの人気ダイバーズの進化とは?

今季リニューアルされたオ ーデマ ピゲ「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」である。

 

味わいの異なる3色の選択肢

「ロイヤル オーク オフショア」の派生モデルとして、2005年に登場したロイヤル オーク オフショア ダイバー。

ストーリーの始まりはドイツの時計店ヴェンペの創業100周年を祝うプロジェクト。当初は「ロイヤル オーク オフショア スキューバ ヴェンペ」という限定モデルとして発売された。

その後、別注という形で生産が続いていたが、2010年に現在のモデル名に改名し、正式にコレクションの仲間入りを果たした。

「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」SSケース、42mm径、自動巻き。280万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)

「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」が支持される理由は、潜水ツールとしての機能を満たしつつ、遊び心が感じられるケース素材、ダイヤルカラーとそれに伴うラバーストラップの組み合わせから、選べるデザインの自由度にある。

2021年の最新作では、お馴染みの「メガタペストリー」の装飾を施したダイヤルに、上の写真のカーキと下のネイビー、グレーの3色を採用した。

「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」SSケース、42mm径、自動巻き。280万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)
「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」SSケース、42mm径、自動巻き。280万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)

それぞれに印象の異なる3色は非常に選び甲斐のあるラインナップなのだが、あまりの人気からすでに予約が殺到しているという。

つづいては、そこまで支持を得る理由を探っていく。

NEXT PAGE /

アイコニックなリュウズとアワーマーカーの工夫

最新作のリニューアルのポイントは、新型の自動巻き式ムーブメントの導入に加え、視認性を高めるためにダイヤルのレイアウトを見直したこと。

機能調整時の安定性と精度を高めるために搭載されたCal.4308は、10時位置のリュウズを操作することでインナーリング上のダイビングスケールをスムーズに駆動させる。

パワーリザーブは約60時間。22Kピンクゴールドのローターは高級機らしい仕上げである。

インナーリングの操作で用いるアイコニックな10時位置のリュウズ。

ダイヤルで注目すべき点は、2つのサイズを設けたアワーマーカーにある。

長いアワーマーカーは15分ごと(カレンダー表示を設けた3時位置は除く)、短い四角のアワーマーカーは5分ごとに配置。これによって、ダイヤルデザインがすっきりとした印象に変わり、時刻を読み取りやすくなっている。

針とアワーマーカーは蓄光処理が施されているので暗い場所でも視認性を確保している。

格段に見やすくなった新しいダイヤルデザイン。

 

ワンタッチで付け替え可能なストラップ

300mの防水性能を持つロイヤル オーク オフショア ダイバーの活躍の場は、もちろん深海だけではない。

タウンユースでのパフォーマンスを高めるために新たに取り入れたのが、工具を使わずにワンタッチでストラップとバックルを取り外せるシステムだ。シーンに応じて付属するラバーストラップを手軽に楽しめるのが嬉しい。

ケース裏のボタンを押すことでストラップを簡単に交換できる。

装いを新たに生まれ変わったオーデマ ピゲのロイヤル オーク オフショア ダイバーは、見た目、機能、使い勝手とあらゆる面で、高級ダイバーズウォッチの真価を存分に楽しめる一本だ。

リニューアル後すぐに入手困難となる理由も、よくわかる。

 

[問い合わせ]
オーデマ ピゲ ジャパン
03-6830-0000

戸叶庸之=文

# オーデマ ピゲ# ダイバーズウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る