2021.06.06
WATCH

Gショック史上、最も上品。フルメタルシリーズに加わったローズゴールドの新作

あらゆるシーンで頼れるタフネスウォッチの代名詞、Gショック。

その圧倒的にタフネスに加え、「フルメタル化」というさらなる進化を遂げたGMWシリーズに、新たにローズゴールドカラーのGショックが仲間入りした。

 

人気の“フルメタルGショック”

GMWシリーズが登場したのは、Gショック生誕35周年にあたる2018年。

初代Gショックの開発者の伊部菊雄さんが「想い出に残る3本」として挙げている金のモデルがきっかけだ。

伊部さんへのインタビュー記事「Gショックの生みの親に聞く、想い出モデルと普段使いモデルBEST 3」はコチラから!

1983年に誕生した初号機「DW-5000C」をベースに、硬質なステンレスのベゼルと本体ケースの間に緩衝体を挟む耐衝撃構造によって、サイズ感はそのままにフルメタルケースの実装に辿り着いた。

「GMW-B5000D-1JF」6万6000円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

ファーストモデルの「GMW-B5000D-1JF」はデビュー直後に完売するほどの人気を集め、次々と派生モデルが登場した。

ステンレス製のケースとバンドにイエローゴールドIPを施した超人気モデル「GMW-B5000GD-9JF」。SSケース、43.2mm径、タフソーラー。7万4800円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

そのひとつが、大人気となった「ゴールドモデル」。イエローゴールドに続いて今年加わったのは、ローズゴールドである。

NEXT PAGE /

力強く上品なローズゴールドカラー

2021年、GMWシリーズの新作として、全面にローズゴールドIPを施した2型が仲間に加わった。

「GMW-B5000GD-4JF」SSケース、43.2mm径、タフソーラー。7万4800円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
「AWM-500GD-4AJF」SSケース、44.5mm径、タフソーラー。7万4800円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)

肌に馴染みやすいローズゴールドカラーのGショックは、これまでのどのモデルよりも上品な雰囲気を纏っている。

性別を問わず使いやすく、あらゆるスタイルにフィットする優れたファッション性は言うに及ばず、だ。

インゴッド(鋳塊)をイメージしたというフォルムは迫力満点。

「20気圧防水」を備えているため、アウトドアでの使用も問題なし。樹脂モデルとの大きな違いとしてクイックに着脱できるバックルが挙げられる。

フルメタルモデルならではのきめ細やかな仕上げも◎。

さらに、標準電波(マルチバンド6)による時刻修正システム、タフソーラーによる安定駆動、高輝度フルオートLEDバックライト、ワールドタイムなど、ツールウォッチとしてのGショックらしさはもちろん担保している。

スクリューバックの裏蓋には耐摩耗性に優れたDLC加工が施されている。

大人の腕元によく似合う気品を保ちながら、無類のタフさをキープするローズゴールドカラーのGショック。これはローズゴールド史上最強の腕時計が誕生したと言って過言ではないかもしれない。

 

[問い合わせ]
カシオ計算機 お客様相談室
03-5334-4869

戸叶庸之=文

# カシオ# Gショック# ゴールドウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る