2021.06.05
WATCH

控えめな実力者「グランドセイコー」が今月ドロップする2本の限定モデル

1960年、上級国家公務員の初任給が1万2000円だった時代、発売価格2万5000円という破格の高級時計として誕生したグランドセイコー。

記念すべきグランドセイコーのファーストモデル「J14070」。

控えめな印象を持つことから誤解されがちだが、グランドセイコーには変化を恐れず果敢な挑戦を続けてきた歴史がある。とりわけ近年、バリエーションを拡充しつつあるスポーツウォッチはそのどれもが革新性に満ちている。

セイコー創業140周年記念限定の2本は、その象徴だ。

 

無敵の精度を確約するクオーツ式GMT

初めに紹介するのは、先日発表されたばかりのクオーツ式GMTウォッチだ。

展開される3本のうち、夜明けに輝く太陽の光をダイヤルに表現した限定モデル「SBGN023」はひと際強い存在感を放っている。

2021年6月10日発売予定。世界2021本限定。「クオーツGMT SBGN023」SSケース、40mm径、クオーツ。60万5000円/グランドセイコー(セイコーウオッチ 0120-061-012)

端正な顔立ちとは裏腹に、このスポーツウォッチには驚くほどのパワフルな機能が秘められている。

真っ先に挙がるのは、GMT機能を有するクオーツ式ムーブメントCal.9F86の存在だろう。

2018年にデビューしたクオーツ式ムーブメントCal.9F86。

時差のある地域の時刻に合わせる場合、時計を止めずに時針のみを操作できるため、年差±10秒の精度を損なうことなく調整できる。

視認性を追求したダイヤルデザインとのマッチングは完璧である。

街でも映えるデザインも、こだわりのポイントだ。

スポーツモデルを名乗るうえで欠かせないタフさも申し分ない。

耐摩耗性に優れ、擦り傷がつきにくいブラックセラミックスベゼル、20気圧防水や1万6000A/mの強化耐磁性能などを備えたスペックはまさに盤石の強さを誇る。

NEXT PAGE /

ゴールドを纏うクロノグラフ

もうひとつの限定モデルはクロノグラフ。クロノグラフも、グランドセイコーのスポーツコレクションにおける紛れもない“顔”である。

こちらの「SBGC240」は、グランドセイコーでは初となる12角形に象られた18Kイエローゴールドと耐傷性に優れたジルコニア・セラミックを組み合わせたスペシャルなベゼルを持つ一本。

2021年6月発売予定。世界500本限定。「スプリングドライブクロノグラフGMT SBGC240」SS×18KYG☓セラミックケース、43.8mm径、スプリングドライブ。209万円/グランドセイコー(セイコーウオッチ 0120-061-012)

ベゼルのみならず、針、インデックス、サブダイヤルにまで施されたイエローゴールド色は、装飾的な目的はもちろん、ブラックのパーツとのコントラストによって視認性の向上にもひと役買っている。

同じく18Kイエローゴールドを採用したプッシュボタンは、サイズダウンすることで心地良い操作性を実現した。

随所に散りばめた18Kイエローゴールドの効果は絶大!

グランドセイコーならではのエッセンスも健在。

歪みのない平面を生み出すグランドセイコーお得意のザラツ研磨はもちろん、平均月差±15秒の精度と流れるように滑らかな秒針の動きが特徴のセイコー独自の駆動機構スプリングドライブは、この時計に格別の安心感を与えている。

セオリーに捉われないデザインの中に最高峰の技術力を詰め込んだグランドセイコーの2つの限定モデル。どちらもアクティブからビジネスユースまで、幅広い活躍を確約してくれる。

 

[問い合わせ]
セイコーウオッチお客様相談室
0120-061-012

戸叶庸之=文

# セイコー# グランドセイコー# スポーツウォッチ# 腕時計
更に読み込む