Watchの群像劇 Vol.66
2021.11.21
WATCH

ドイツ時計の代表格「A.ランゲ&ゾーネ」の腕時計に宿る“旅の精神”

「腕時計と男の物語」とは……

タイムリミットは近づいていたが、いまだ次回作について考えあぐねていた。当初2度目の聖火を迎えた東京を映像に収める予定だったが、実感のないまま炎は消え、街には不完全燃焼の火種がくすぶり続ける。

かつてそこに何があったか。まるで記憶が改ざんされたかのように、いつの間にか変わってしまった風景を前に途方に暮れる。

ジャーマンウォッチの代表格「A.ランゲ&ゾーネ」の腕時計に宿る“旅の精神”
腕時計1196万8000円/A.ランゲ&ゾーネ 0120-23-1845

もしかしたら、かつてヴィム・ヴェンダースも同じ思いで東京に立ったのかもしれない。

『東京画』では敬愛する小津安二郎監督にオマージュを捧げ、名作の原風景を追った。1980年代初頭に、もちろん劇中の東京が残っているわけもない。

だが青山墓地での花見や喧騒のパチンコ店、夜のゴルフ練習場へと向けられた視線は、単なる異邦人のエキゾチシズムを超え、変貌する時代や社会でも普遍的な人間の機微や孤独を見つめる。まさにそれは小津映画の眼差しそのものだ。

絶望するのではなく、冷たく突き放すのでもない。少し離れて悼み、ただ通り過ぎる。そんな旅人の視座からこれまで物語を綴ってきたヴェンダースの作風は、同時に旅から多くを学んできたドイツらしさを感じさせる。

腕元のA.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1・パーペチュアルカレンダー」に宿るのもそうした旅の精神だ。

伝統的なドイツのマイスター制度では、高次の職人を目指すには過酷な放浪修業が課せられた。長期にわたりヨーロッパを旅しながら、各地で技を研鑽し、自身と向き合い、モノづくりの神髄を極める。創業者F・A・ランゲもまた修業の旅を続ける中で、数々の表や計算式、設計図面を “旅の記録”に残した。今も受け継がれるブランドの根源である。

「ランゲ1・パーペチュアルカレンダー」にもその旅は息づく。オフセンターのダイヤルレイアウトは、理路整然とした数式を思わせ、デザインの原則をいっさい崩すことなく、高度な永久カレンダーの機能を秘める。スイス時計とは異なる武骨さと質実剛健を漂わせつつ、決して杓子定規ではなく、洗練された個性に温もりさえ伝わるのだ。

永久カレンダーが刻む時間は、その日その瞬間にしか存在しない。だが二度と訪れないにもかかわらず、針は同じダイヤル上で永遠に運動を繰り返す。それはふたりの巨匠が紡いだ旅の物語のようでもある。

旅路の果てには何もないかもしれない。それでも移動し続けること。僕は次回作のタイトルを“ロードムーヴィ”と打ち込んだ。

NEXT PAGE /

永久カレンダーがさらなる実用機能で進化を遂げた

K18PGケース、41.9mm径、自動巻き。1196万8000円/A.ランゲ&ゾーネ 0120-23-1845

A. LANGE & SÖHNE
A.ランゲ&ゾーネ/ランゲ1・パーペチュアルカレンダー

アイコンの「ランゲ1」は、既にパーペチュアルカレンダーをトゥールビヨンと統合しているが、ダイヤル外周に設けた回転式の月次リングで月を表示する機構を踏襲しつつ、新機軸としてデイ・デイト表示付きのムーンフェイズを開発した。

122.6年に1日分の誤差という月齢表示に加え、2層構造の下層には24時間で1周する回転ディスクを設け、背景のブルーの濃淡で昼夜を表示する。その進化は止まらない。

 

※本文中における素材の略称:K18=18金、PG=ピンクゴールド

「腕時計と男の物語」とは……
男には愛用の腕時計がある。最高の相棒として、その腕時計は男と同じ時間を刻んできた。楽しいときも、つらいときも、いかなるときも、だ。そんな男と腕時計が紡ぐ、とっておきの物語をここで。
上に戻る

川田有二=写真 石川英治=スタイリング MASAYUKI(The Voice)=ヘアメイク 柴田 充=文

# A.ランゲ&ゾーネ# Watchの群像劇# ジャーマンウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る