Watchの群像劇 Vol.62
2021.10.12
WATCH

ミリタリー出自の5本の腕時計。武骨でドレッシーな推薦ポイント

堅牢かつ視認性にも優れたタイムレスなスタイルの軍用時計は、武骨の美学に溢れる。

だがスーツが軍服を出自にするように、そこにはドレッシーな魅力を秘めるのだ。

 

時計と航空機への情熱を受け継ぐ独創のクロノグラフ

“堅牢で武骨”だけではない魅力。5本の腕時計が示すミリタリーウォッチの現在地
SSケース、42mm径、自動巻き。165万円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211)

BREGUET
ブレゲ/タイプ XXI 3817

ブレゲは時計の礎を築いた名門であるだけでなく、創業一族はヘリコプターの前身や飛行艇を手掛け、20世紀初頭には航空機製造会社を興すとともに航空業界のパイオニアとなった。

1954年に誕生した「タイプXX」はフランス海軍航空隊に納入され、そのDNAは現代にも受け継がれる。伝統が息づくクラシックスタイルに、分と秒の2本の積算針をセンターに備えた独自のクロノグラフ機構を搭載し、シリーズ初のシースルーバックを採用する。

 

セピアカラーのストラップにミリタリーの伝統を継承

ブロンズケース、39mm径、自動巻き。51万4800円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

TUDOR
チューダー/ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション

1950年代後半に開発したダイバーズウォッチは、アメリカ海軍が装備し、後継機は’80年代半ばまでフランス海軍でも採用された。当時は本体のみで納品され、ストラップは隊員たちが好みで選んでいた。

アーカイブにはゴールドの糸を使用したパラシュート素材のストラップがあり、これに着想を得た独自のファブリックストラップはその歴史を伝える。サテン仕上げを施したブロンズケースとも調和し、ヴィンテージの風合いを醸し出す。

 

歴戦の勇者を魅了したモノプッシュクロノグラフ

SSケース、41mm径、自動巻き。45万3200円/ロンジン 03-6254-7350

LONGINES
ロンジン/ロンジン アヴィゲーション タイプA-7 1935

ブランドのシンボルマークである有翼の砂時計は、未来と伝統を示すと同時に、空との深い関わりを印象づける。

このモノプッシュクロノグラフは1935年のパイロットウォッチを復刻。操縦桿を握ったときに見やすいよう、ダイヤルは40度傾けられている。アメリカ陸軍のコードネーム「A-7」も誇らしい。

NEXT PAGE /

特殊潜水部隊が求めたモダンダイバーズのルーツ

SSケース、45mm径、自動巻き。157万3000円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233)

BLANCPAIN
ブランパン/フィフティ ファゾムス オートマティック

1953年の初代モデルは、回転ベゼルの誤操作を避ける独自のロック機構を備え、モダンダイバーズのルーツとなった。

開発はフランス海軍とともに進められ、制式採用。ドイツやアメリカ海軍もこれに続く。5日巻きの実力を秘め、基本スタイルは今も変わらない。

 

ドイツの伝統が息づく質実剛健の2カウンター

SSケース、42mm径、手巻き。35万2000円/ハンハルト(リンクアップ 075-693-1236)

HANHART
ハンハルト/パイオニア 417ES

ハンハルトは、1882年にドイツで創業し、ストップウォッチの技術を活かしクロノグラフを数多く手掛けた。

1950年代にドイツ空軍向けに開発し、10年にわたって納入されたパイロットウォッチ「417」を復刻。シンプルなツーカウンターと手巻きにドイツらしい質実剛健が伝わってくる。

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

柴田 充=文

# チューダー# ブランパン# ブレゲ# ロンジン# Watchの群像劇# ミリタリーウォッチ# 腕時計
更に読み込む