「ウェルネス&腕時計」特集 Vol.78
2021.07.27
WATCH

キーワードは「アビエーション」。創業者自ら監修した「ベル&ロス」日本初ブティックの全容

ベル&ロスの日本初となるブティックが去る5月15日、東京都・銀座にオープンした。

ブランドの世界観を遺憾なく伝える、このブティックへの思いを聞くべく、ベル&ロス創業者のひとり、ブルーノ・ベラミッシュ氏にオンラインインタビューを敢行した。

 

ようこそ、ベル&ロスへ

航空を連想させるモダンな空間。創業者自ら監修した「ベル&ロス」日本初ブティックの全容
全面ガラス張りの外観。店内も明るくクリーンな印象。

銀座四丁目交差点から東銀座に向かって程なく、左手に全面ガラス張りの透明感溢れるショーケースが目に飛びこんでくる。日本初のベル&ロスブティックがそれだ。

航空、ダイバー、F1、アーバンの4つのテーマに関連付けられたディスプレイに迎えられ、店内に足を踏み入れると無機質で洗練された、ゆとりある空間が広がっている。

コンクリートの床面やシンプルで機能的なディスプレイキャビネットは、航空の世界にインスパイアされたもの。中央にはガラス製のショーケースを設置し、ブランドの世界観を体現するモデルが展示される。

また奥のスペースには、黒大理石とライトオーク材が壁面にあしらわれ、ソファとテーブルが、心地良い雰囲気を演出。そのほかにも、国内ではここでしか出会えないような「BR-X1 クロノグラフ トゥールビヨン サファイア」など、世界限定数本の超レアピースも並ぶ。

このベル&ロス 銀座ブティックを監修したのが、ブランド創業者のひとりであるブルーノ・ベラミッシュ氏。同店のすべてを知る彼にオンラインインタビューを敢行した。

ベル&ロス 創業者兼 クリエイティブディレクター ブルーノ・ベラミッシュさん●1965年フランス・パリ生まれ。大学卒業後、フリーでさまざまなデザインワークに携わり、’94年友人で現CEOのカルロス・ロシロ氏とともにベル&ロスを設立。2013年レジオン・ドヌール勲章受章。

——東京のブティックの意義とは?

「ブティックには情報やメッセージを発信し、喜びを届ける役割がある。ブランドのラグジュアリーな面の訴求には、銀座は最適な場所だと考えていました。

日本初にして世界で最新のブティックであり、ブランドの発展の方向性を示しています。デザインや品質に対する鋭い目を持つ日本の顧客を魅了する世界観を目指しました。

ここまで広く、豊富なモデルが揃うブティックは世界でもあまり例がない。商品が醸し出す創造性、オリジナリティ、クオリティをこの空間全体で感じていただきたい」。

NEXT PAGE /
航空にインスパイアされた、シンプルでモダンな空間。ブルーノ氏が考える東京のイメージも反映された。

——設計のコンセプトは?

「航空からのインスピレーションをコンセプトに、従来のブティックとは異なる新しいデザインを採用しました。床面のコンクリートは空港の滑走路や格納庫、天井のライトは着陸帯にある発光標識が着想源。

ソファやテーブルもこのブティック用に選んだもの。日本から送られてきたすべてのサンプルを徹底的に吟味し、細部にまでこだわりました」。

奥の空間は大理石、オーク材などを用いオーガニックな雰囲気も。航空関連アイテムのディスプレイも世界観を演出。

——コロナ禍での苦労や迷いは?

「迷いはありましたが、時間をかけて準備し、このタイミングが適切だと判断しました。

2月に設計がアップし、5月にオープンできましたが、設計・施工責任者をはじめ日本側の仕事の質や効率性に敬服しています。こんな状況ですが、早くこの目でブティックを見たいですね」。

ベル&ロス 銀座ブティック
住所:東京都中央区銀座4-9-13
電話番号:03-6264-3989
営業:12:00〜19:00(土・日曜日、祝日は11:00から)火・水曜定休

柴田 充、髙村将司、オオサワ系、まつあみ 靖、戸叶庸之=文

# ベル&ロス# ブティック# 腕時計# 銀座
更に読み込む
一覧を見る