「ウェルネス&腕時計」特集 Vol.70
2021.07.27
WATCH

大人なら1本は持っておきたいドレスウォッチ選別。エレガントなムードも持つのはコレ

シンプルでクラシカル、そして落ち着きのあるエレガントな雰囲気を併せ持つ「ドレスウォッチ」。

大人の嗜みとして1本は持っておきたいところだ。

 

BAUME & MERCIER ボーム&メルシエ

K18PGケース、39mm径、自動巻き。52万8000円/ボーム&メルシエ 0120-98-8000

[クラシマ]

最もオーセンティックなドレスウォッチを体現する「クラシマ」コレクション。

シャープな針とローマンインデックスを採用するダイヤル、小ぶりすぎない39mm径のサイズ感はクラシカルな雰囲気にモダンなタッチを添える。ケースバックはスケルトン仕様のため、ムーブメントも観賞できる。

 

PIAGET ピアジェ

K18WG×Diaケース、35mm径、自動巻き。316万8000円/ピアジェ 0120-73-1874

[アルティプラノ]

ピアジェが誇る薄型ドレスウォッチ「アルティプラノ」。新たに登場した35mmのK18WGケースのベゼルには、約0.49カラットにおよぶ76個のラウンドブリリアントカットダイヤモンドが一寸の狂いもなくセットされ、サンレイ仕上げのシルバーダイヤルと見事に調和。

光沢のあるシックなアリゲーターベルトにはインターチェンジャブル機構が搭載され、工具をいっさい使わずにベルトの付け替えが可能だ。

 

THE CITIZEN ザ・シチズン

8月発売予定。日本限定55本。SSケース、40mm径、自動巻き。82万5000円/シチズン 0120-78-4807

[メカニカルモデル]

クラシカルな雰囲気を漂わせるスモールセコンド搭載のドレスデザイン。電鋳手法による独特な模様のダイヤルもポイントで、表面の凹凸が生み出す陰影が面白い。

搭載される新型ムーブメントはシチズンによる自社設計・組み立てと傘下のラ・ジュー・ペレ社が持つ装飾技術という両社のノウハウが遺憾なく発揮された高性能キャリバーで、パワーリザーブは最大約60時間。

NEXT PAGE /

NAOYA HIDA & CO. ナオヤ ヒダ

日本限定15本。SSケース、37mm径、手巻き。203万5000円/ナオヤ ヒダ(NH ウオッチ http://naoyahidawatch.com

[NH タイプ 1C]

日本初のウォッチコンセプターとして活躍する飛田直哉さんのシグネチャーブランドより。こちらは、その第一作「NH タイプ1」の最新作だ。

職人の手作業と最新の工作機械による仕上げは、機械式時計の黄金時代に生まれたヴィンテージウォッチさながらのオーラを放つ。

ETA7750を改良した手巻き式ムーブメントはゼンマイの巻き心地が良く、まさに好事家向けの一本。

 

CHOPARD ショパール

世界限定25本。SSケース、39mm径、自動巻き。182万6000円/ショパール(ショパール ジャパン 03-5524-8922)

[L.U.C QFジュビリー]

自社製ムーブメントを製造する工房、「ショパール マニュファクチュール」設立25周年を祝う記念モデル。ブルーとシルバーを基調にしたダイヤルは、複数のサークルで時と分の表示がひと目で区別できる。

搭載された自動巻きムーブメントは2組の積載式2重香箱により、最大約65時間のパワーリザーブを保持。

 

FREDERIQUE CONSTANT フレデリック・コンスタント

10月発売予定。世界限定810本。SSケース、40mm径、自動巻き。59万4000円/フレデリック・コンスタント 0570-03-1988

[スリムライン モノリシック マニュファクチュール]

ブレゲ針、ギョーシェ装飾などの古典的な意匠が目を引くラウンドウォッチには、驚くべき秘密が。そのヒントは、6時位置の開口部から覗くシリコン製のオシレーター(調速・脱進機構)にある。

このパーツがもたらしたのは、毎時28万8000回の振動数であり、これは一般的な機械式時計の約10倍に値する。高速で振動するムーブメントや滑らかに動く針からは革命の息吹が感じられる。

NEXT PAGE /

CARTIER カルティエ

9月発売予定。K18YGケース、縦33.7×横25.5mm、手巻き。153万1200円[予価]/カルティエ 0120-301-757 © Cartier

[タンク ルイ カルティエ ウォッチ]

1917年の誕生以来、さまざまなバリエーションを創出してきた角形の名作「タンク」。その代表作に当たるのが、3代目当主ルイ・カルティエが’22年に手掛けた「タンク ルイ カルティエ」だ。

装甲車を模した縦長のケースフォルムに恋い焦がれる愛好家は数知れない。その伝統を受け継ぐK18YGケースの一本は、メゾンのDNAを宿す鮮やかなレッドを全面に纏うことで新境地へとたどりついた。

 

MORITZ GROSSMANN モリッツ・グロスマン

世界限定25本。SSケース、41mm径、手巻き。330万円/モリッツ・グロスマン(モリッツ・グロスマン ブティック 03-5615-8185)

[セントラルセコンド]

ドイツの新鋭、モリッツ・グロスマンから、初のセンターセコンド表示を取り入れた新作が登場。ふたつのバリエーションがラインナップしたが、こちらは本数限定のサーモンダイヤル仕様だ。

丁寧に研磨されたブルースチール針に合わせて、アラビア数字インデックスもすべてカラーを統一。ブラックで印字されたブランドロゴもさりげないアクセントになっている。

 

MONTBLANC モンブラン

世界限定148本。K18ローズゴールドケース、39mm径、手巻き。231万3300円/モンブラン 0800-333-0102

[モンブラン ヘリテイジ ピタゴール スモールセコンド リミテッドエディション 148]

ミネルバの160年を超える歴史を引き継ぐモンブランの時計製造。大いなる遺産からインスピレーションを得たK18ローズゴールドの3針モデルは、黄金比に従って設計された最新キャリバーを搭載。

温かみのあるブラウンカラーで独特のヴィンテージ感を演出する。

 

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール、K18=18金、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、Dia=ダイヤモンド

柴田 充、髙村将司、オオサワ系、まつあみ 靖、戸叶庸之=文

# カルティエ# シチズン# フレデリック・コンスタント# モンブラン# ドレスウォッチ# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る