2020.10.02
WATCH
PR

ヘミングウェイが愛した腕時計は、2020年代の男も渋く彩る存在だ

年を重ねると、身に着けるアイテムには存在としての“重み”も大事、と思えてくる。腕時計もしかり。その選択には、年相応の品質はもちろん、生まれた背景まで吟味したい。

「プロミネンテソロテンポ」SSケース、縦52×横33.75mm、自動巻き。45万円/クエルボ・イ・ソブリノス(ムラキ 03-3273-0321)

角形が個性的な腕時計、クエルボ・イ・ソブリノスは、まさにその眼鏡にかなう、大人の男を引き立てる一本だ。実は、ヘミングウェイが愛した時計店の血脈を引き継ぐ由緒正しきブランドでもある。

そう聞けば、なおさら遠目からも漂うセクシーさが感じられるではないか。早速、気になるこの時計の魅力を解き明かしていきたい。

 

古き佳きキューバの匂い漂う、知る人ぞ知るその由緒

遡ること100年余りとなる19世紀末のこと。カリブ海の真珠とも謳われたハバナは、ステイタスのあるリゾートとして、世界中の名士たちが集まった。

1882年、彼の地のメインストリート・キンタ通りにオープンした宝飾店「LA CASA(ラ・カーサ)」が、のちのクエルボ・イ・ソブリノスである。

100年以上前に誕生したクエルボ・イ・ソブリノスの店舗写真。今となっては大変貴重。

文学・科学・映画・政治といった世界の大舞台で活躍するセレブリティたちが、必ず立ち寄ったといわれるこの名店。

今も残っている顧客リストの中には、文豪アーネスト・ヘミングウェイや、英国元首相ウィンストン・チャーチル、物理学者アルバート・アインシュタインといった、名だたる、しかも、物にこだわることでも知られる偉人たちが名を連ねているのだ。

それもそのはず、この店を訪れることは、当時、パリのヴァンドーム広場におけるジュエラーを訪れるのと同義だったのだから。

ヘミングウェイやチャーチルなど、名だたる偉人の顧客リストはこの金庫で発見された。

それほどの隆盛を誇りながらも、20世紀半ば、キューバに起こった政治混乱の中で惜しくも閉店。その後、およそ40年という長い時を経たのち、2002年に復活を果たす。

ラテンの精神を受け継いだ個性的なディテールと、スイス時計ならではの高品質で、高級時計界において異彩を放っている。

創業当時のモデルを引き継ぐブランドの定番「プロミネンテ ソロテンポ」。SSケース、縦52×横33.75mm、自動巻き。45万円/クエルボ・イ・ソブリノス(ムラキ 03-3273-0321)

「プロミネンテ ソロテンポ」の詳細はコチラ

こうした歴史に立脚したクエルボ・イ・ソブリノスのデザインは、今も変わらない価値をもって燦然と輝く。この角形モデル「プロミネンテ ソロテンポ」を特徴付けるのはレクタンギュラーケース。これは、ブランドの初期から存在した、ヴィンテージファン垂涎のスタイルだ。

1920年代に流行したアール・デコの意匠に、1930年頃の古典主義の要素を汲みつつ、モダンに昇華しており、世に数多あるラウンドウォッチとは一線を画すものに仕上がっている。

子細に見れば、ダイヤルにはカリブ海をイメージした細かなギョーシェが施され、なおかつ、クラシカルなフォントによるアラビアンインデックスと線路型の分目盛り、そして6時位置には扇型に切り取られた日付表示の枠が象られている点も、その美観に拍車を掛けるものだろう。

特製のヒュミドール型ケースに収まる点からも、ブランドのルーツを感じられる。このような、ラテンを思わせる男らしいスタイルが、ブランドのアイデンティティを大きく形作っているわけだ。

NEXT PAGE /

男に渋さを与えてくれる腕時計の実力

さて、気になるのはやはり、この腕時計が普段の格好にどう映えるかという点。漂うラテンの異国情緒と、ヴィンテージ時計の系譜にも連なるデザインが、腕元でのアクセサリー効果を存分に発揮する。

スタイリングの色と合わせて、ホワイトダイヤルにネイビーベルトの「プロミネンテ ソロテンポ」を。さりげなく、しかし確実な個性を放つ。SSケース、縦52×横33.75mm、自動巻き。45万円/クエルボ・イ・ソブリノス(ムラキ 03-3273-0321)

例えば、馴染みある白シャツ&デニムというミニマルを極めた服装にも、腕元に1点、「プロミネンテ ソロテンポ」を着用するだけで、大人っぽさがグッと増す。秋口、少し袖捲りをした腕元ならば、いっそう際立つこと間違いなしだ。

よりセクシーなムードを漂わせるのは、ラムカラーの「プロミネンテ ソロテンポ」。ダイヤルまで同トーンでまとめた一本は、大人の男にこそ似合う。SSケース、縦52×横33.75mm、自動巻き。45万円/クエルボ・イ・ソブリノス(ムラキ 03-3273-0321)

もちろん、スエードなど大人な素材の服との相性もバッチリ。ラム酒から着想を得たニュアンスのある色合いの一本を選べば、さらなるエレガンスと渋みを加えてくれるだろう。男の趣味の世界を色濃く反映してくれるはずだ。

「クエルボ・イ・ソブリノス」のオフィシャルサイトはコチラ

ヘミングウェイも愛した時計店をルーツに持つ、由緒あるスイス時計、クエルボ・イ・ソブリノス。装飾の少ないメンズスタイルに、色濃くラテンのムードを醸してくれるだけでなく、物を知った目利き力も感じさせる。

何より、普段の服装を大人らしくセクシーに彩ってくれる点で、視野に入れたい一本といえるだろう。

 

[問い合わせ]
ムラキ
03-3273-0321

 

着用したアイテム
[車のカット]シャツ2万6000円、デニム4万5000円/ともにヘリル(アンシングス 03-6447-0135)

[室内のカット]ジャケット13万8000円/チンクワンタ 050-5218-3859、パンツ1万2700円/シップス(シップス 渋谷店 03-3496-0481)

鈴木泰之=写真 来田拓也=スタイリング 向後信行(JANEiRO)=ヘアメイク 髙村将司=文

# キューバ# クエルボ・イ・ソブリノス# 腕時計
更に読み込む