Watchの群像劇 Vol.28
2020.10.07
WATCH

「オーデマ ピゲ」の稀少なバイカラー時計は、こんなコーデによく似合う

ピンクゴールドのケースにホワイトゴールドのベゼルを合わせた「オーデマ ピゲ」のバイカラー腕時計。

異素材を合わせた通称コンビモデルの中でもひときわ上品なこの時計は、大人の男にこそ似合うのだ。

AUDEMARS PIGUET
オーデマ ピゲ/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック

AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック
K18WG×K18PGケース、41mm径、自動巻き。280万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)

ベゼルと一体化したアーキテクチャルなラグを備え、昨年センセーショナルなデビューを飾った「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の新作は、ブランドでも稀少なバイカラーで飾る。

それも単なる装飾ではなく、マルチピースのケース構造によって実現した異素材の融合であり、ブランドの象徴でもある八角形のミドルケースをK18PGにすることで、より強くアピールするのだ。さらにダブルカーブのサファイアクリスタル風防がグレーダイヤルとピンクゴールドのコンビネーションに美しい陰影を生む。

コンビ時計に通じる硬派と優しさの共存

腕時計280万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)、カーディガン2万2000円/エストネーション 0120-503-971、パンツ1万4000円/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿 03-3746-5851)、Tシャツ9800円/ラタリエ×アルモアリュクス、ブーツ2万3000円/クラークス オリジナルズ(ともにビームス 原宿 03-3470-3947)

硬派を貫くのもいいけれど、ときには優しさだって必要だ。コンビ時計はそんな微妙な男心を映し出す。ファッションもリラックスしたカーディガンに、機能美たっぷりのカーゴパンツを合わせた緩急のあるコーディネイトが似合う。

ラフなようでいて、ラグジュアリーにも。そんな抜け感のあるスタイルも腕元が引き締めてくれるだろう。

 

※本文中における素材の略称:K18=18金、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド

川田有二=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 柴田 充=文

# オーデマ ピゲ# コンビモデル# 腕時計
更に読み込む