2020.07.13
WATCH

回転式ベゼル、防水性、視認性。3大機能で見るダイバーズウォッチの進化

「丘ダイバーのためのダイバーズウォッチ」とは……

ダイバーズウォッチの開発のベクトルは、通常の腕時計とは異なる。それは海中という特殊な環境で使われる道具としてより高い完成度と信頼性を極めるためだ。

その中でもアイデンティティともいえる技術が、「回転式ベゼル」「防水性」「視認性」という3つの機能だ。これらは技術革新によって日進月歩の進化を続けている。

記録を追求するため日夜トレーニングを続けるアスリートにも似た技術の進歩は、まさにスポーツウォッチの真髄といえるだろう。そんなあり方に男は憧れる。

先進的な機能を備えた3つのモデルを紹介しよう。

 

伝統の八角形と「回転式ベゼル」の両立

SSケース、自動巻き、42mm径、300m防水 210万0000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)

オーデマ ピゲ/ロイヤル オーク オフショア ダイバー

1972年に誕生したロイヤル オークは、ラグジュアリースポーツという新たなジャンルを開拓したパイオニアとして知られる。

だがそのスポーツとはあくまでもエレガンスとのバランスに成り立ち、1993年に新たに加わったオフショアでもぶ厚いケースやクロノグラフを搭載しながらも防水性は100mに留まった。こうしたことからさすがにダイバーズウォッチの領域は難しいと思われたが、大方の予想を覆したのがこのロイヤル オーク オフショア ダイバーだ。

いちばんのネックとなったのが回転式ベゼルだが、これをインナー式にすることで、シリーズのアイコンであるビスを備えた八角形ベゼルのデザインを崩すことなく、潜水時間を計測できるようになった。

現代のラグジュアリーは、優雅さだけでなく、従来のジャンルの垣根を越え、よりアクティブなライフシーンを彩ることが求められる。その点において、ダイビングも可能にした独自のラグジュアリースポーツの世界観を具現化した一本なのだ。

NEXT PAGE /

ミリタリーダイバーにも信頼された「500m防水」

チタンケース、自動巻き、42mm径、500m防水 45万円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

チューダー/ペラゴス

チューダーほど長らく日本本格上陸が待ち望まれていたブランドはないだろう。ロレックスの技術と信頼に裏付けられた高機能と堅牢性の象徴ともいえるのがダイバーズウォッチだ。

1954年の発表以降、ビッグクラウンやスノーフレーク針といったアイコニックなデザインを生み出し、その実力は1964年のアメリカ海軍採用や1977年のフランス海軍採用でも実証されている。

現在ブラックベイとペラゴスの2つのラインがあり、とくに後者はプロフェッショナルユースに応える本格的な機能を備える。自動ヘリウム排出バルブもそのひとつだ。

こちらはペラゴスの左利き用。かつて、左利きのダイバーが経過分数を計測するために、右腕に腕時計を上下逆さまに着用していたことから、フランス海軍の要望により誕生した。

飽和潜水時に時計のケース内に入り込んだヘリウムが減圧によって内部で破裂することを避けるため、自動排出する。一般のダイバーには不要な機能だが、それもオーバースペックの美学であり、男心をくすぐる。

マニュファクチュールムーブメントを搭載し、軽量かつ耐蝕性も優れたチタンケースを唯一採用していることも実力本位の証だ。

NEXT PAGE /

深海でも「視認性」を確保する2種類のスーパールミノバ

セラミックケース、自動巻き、42mm、300m防水、世界限定999本 55万円/ベル&ロス(ベル&ロス ジャパン 03-5977-7759)

ベル&ロス/BR 03-92 ダイバー フル ラム

ダイバーズのほとんどが黒文字盤に白い針やインデックスを組み合わせるのは、暗所での視認性を高めるためで、これはミリタリーウォッチでもよく用いられる仕様だ。

とくに海中では深度を増すにつれ周囲は暗くなり、色彩の判断もしにくくなる。そこで明るく発光する夜光塗料は欠かせないのだ。技術の初期にはラジウムやトリチウムなど放射性物質も混入されたが、現在では蓄光性素材へと進化を遂げた。

その中でも最高位の発光と持続時間を誇るスーパールミノバC3を採用するのがベル&ロスのダイバーズだ。

しかもこれを針とインデックスに用い、文字盤全面には明度を落としたスーパールミノバC5レベルを施すことで、そのコントラストにより視認性を向上している。

ベル&ロスといえば、航空機のコックピット計器をモチーフにしたデザインから空の世界のイメージが強いが、海との関わりも古い。1997年には1万1100mの防水ダイバーズを発表し、以来、技術を研ぎ澄ませてきた。その最新形であり、シンボリックなデザインに本格機能を備えた新世代ダイバーズウォッチなのだ。

「丘ダイバーのためのダイバーズウォッチ」とは……
ダイバーでなくとも、ダイバーズウォッチは好きでいい。だって、問答無用に格好いいのだから。しかし、知識までも“丘ダイバー”にならないよう、知るべきことは知っておこう。ダイバーズウォッチの深〜い世界に、潜水開始。上に戻る

柴田 充=文

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール

# ダイバーズウォッチ# 機能# 腕時計
更に読み込む