豊作、復刻時計 Vol.6
2020.06.01
WATCH

見ため、機能、ストーリー。三拍子揃った名作復刻ダイバーズ3選

「豊作、復刻時計」とは……

オーシャンズ世代なら誰もがそそられるダイバーズウォッチ。

男っぽいスポーティなデザインに加え、海という特殊な環境においてときには命を委ねるライフラインとなる。そんな道具としてのあり方に憧れるのだ。

復刻ダイバーズであれば、着けたその瞬間からまるで使い続けてきたような雰囲気が漂い、違和感なく腕元にも収まる。

その堅牢性や防水性、暗所でも優れた視認性は、海以外の日常でも使い勝手が良く、使えば使うほどさらに深まっていく風格も楽しみというものだ。

 

BLANCPAIN ブランパン
限定モデル フィフティ ファゾムス バラクーダ

SSケース、自動巻き、40.3mm径、300m防水。限定500本 139万円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233)

1953年に誕生したフィフティ ファゾムスは、経過時間をひとめで読み取れる画期的な回転式ベゼルを開発し、ダイバーズウォッチのスタイルを確立した金字塔だ。

その革新性と信頼性から各国のミリタリーに採用され、ドイツ海軍には潜水機材の専門企業バラクーダ社が仲介し、納入した。それと並行し、1960年代末に同社が民生品として異なる仕様で手掛けたモデルを復刻した。

エイジング感漂うクリームとレッドのバイカラーのインデックスに、ドーム状に盛り上がったベゼルがこれまで培ってきた歴史の重厚感を醸し出す。

たとえ見た目はレトロでも、搭載するムーブメントは100時間のパワーリザーブを誇り、ハードなスポーツユースでも信頼性は高い。また専用設計のケースはシリーズでも稀少な小さめサイズで、海から上がった普段使いにも最適だ。

NEXT PAGE /

BREITLING ブライトリング
スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクション

「スーパーオーシャン ヘリテージ ’57 カプセルコレクション」シリーズ。さまざまなカラーとストラップを用意している。右端の「OK」のデザインが刺繍されたストラップは、トップサーファー、ケリー・スレイターのアウターノーンとのコラボストラップで、付け替えることが可能だ。

近代ダイバーズウォッチの基礎は1950年代に生まれ、海洋探査やミリタリーユースの道具として質実剛健を追求していった。

その一方で、当時普及し始めたダイビングやサーフィンなどのマリンレジャーに伴い、最先端のスタイリッシュなスポーツウォッチとして一般にも愛用されるようになった。

SSケース、自動巻き、42mm径、100m防水。54万5000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)

1957年に登場したスーパーオーシャンもそうした1本だ。その初代モデルを復刻し、すり鉢状に内に向かってスロープするベゼルに、ドーム型風防を組み合わせ、ヴィンテージテイストを再現する。

文字盤には4カ所のドットと楔形のインデックスを重ね、時分針とともに鮮やかなレインボーカラーのグラデーションで彩る。そんなスタイルからはかつてのサーフカルチャーが伝わってくるようだ。

当時200mという最高クラスの防水性能を誇った初代に対し、防水機能を追うのではなく、あえて9.9mm厚のスタイリッシュなケースを選んだ。その軽やかな着け心地も時代を映し出す。

NEXT PAGE /

TUDOR チューダー
ブラックベイ P01

SSケース、自動巻き、42mm径、200m防水。39万4000円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

復刻時計の醍醐味は、知る人ぞ知るマニアックなモデルが現代に甦るところにもある。これもそんな1本。1950年代からアメリカ海軍に納品していたダイバーズウォッチに代わる次期モデルとして1967年から開発が進められたが、定番化されなかったコードネーム「コマンドー」だ。

4時位置にリュウズを移したアシンメトリーケースに、12時のラグにはユニークなエンドリングを備える。これは、ストラップとの接合部をカバーするとともに、ベゼルの分解メンテナンスを容易にするために独自に開発し、特許申請した機構だが、復刻モデルでは回転ベゼルのロック機構の役割をはたす。

またスノーフレークと呼ばれる個性的な時針も、1969年に登場したダイバーズを象徴するアイコンだ。時計愛好家の間でも幻といわれていたほどのレアモデルであり、その歴史も楽しめる。

しかもヴィンテージに終わることなく、モダンにアレンジした機能やデザインも復刻の名作として相応しい。

 

「豊作、復刻時計」とは……
2020年は、さまざまなブランドから復刻時計が大豊作。我々が生まれる前に作られたヘリテージモデルから、懐かしい’90年代のあのモデルまで、見た目も気分も昔に巻き戻してくれそうな良質復刻時計をご紹介。上に戻る

柴田 充=文

# ダイバーズウォッチ# 復刻時計
更に読み込む