コスパ良しな「コレ買っ時計」 Vol.3
2020.03.31
WATCH

ビジカジ目線の腕時計を、品と個性と質が共存する北欧デザインで厳選

コスパ良しな「コレ買っ時計」とは?

年を重ねた我々が求めるさりげないオシャレ感。それを簡単に手に入れたいのなら、北欧デザインの腕時計を選べばいい。シンプルながら内に歴史や想い、技術を秘める一本は、静かに個性を主張する。

ここでは二針と三針に限定し、仕事にも役立つ5本を厳選した。

 

1:落ち着きとエレガンスのある“軽薄”なやつ
「ベーリング」ウルトラスリムシリーズ

SSケース、クォーツ、39mm径、2万1000円/ベーリング https://bering.jp

ベーリングのケースのスマートさはよく知られるところだが、さらにスマートなモデルがこのほど誕生した。その薄さは、驚異の4.8mm。軽やかな装着感も相まって、シャツの袖にも引っかかることなくすんなりと手元に収まってくれる。

北極から着想を得たというデザインは雪原のように精悍。滑らかなミラネーゼストラップとのコンビは心地良いフィット感とエレガンスをもたらす。そのうえ、風貌には傷がつきにくいサファイアガラスを使用するあたりに、数多の難所をくぐり抜けてきた同社の創設者であり冒険家、レネ・ケルスコフの気概がうかがえる。

この年で“軽薄”な男はいただけないが、こと腕時計に関しては例外なようである。

 

2:“藍”すべき美しさ!
「エルラーセン」ジャパンブルーコレクション

100本限定、SSケース、39mm径、2万9000円/エルラーセン https://llarsen.jp

1950年代から’60年代にかけ、世界中から賞賛を集めた北欧デザイン。それを機に黄金期を迎えたわけだが、エルラーセンの歩みはそれよりも前の1919年からすでに始まっている。

以後、常にデンマークの日常に深く寄り添ってきた。ジャパンブルーコレクションは、そんな名門の親日家としての新たな一面を垣間見得ることができる。

第一弾では和紙デニムが話題となった本シリーズ。第二弾となる今回採用したのはSUKUMOレザー。世界でも珍しい天然本藍染革にして国選定無形文化財である。藍の葉を熟成、発酵させ作られる天然染料の“すくも”は約600年の歴史を有し、その時々の条件で表情を変える。エルラーセンのシンプルなデザインは、その透明感のある美しい青をより引き立てるのだ。

NEXT PAGE /

3:丸くなれないすべての大人へ
「カールエドモンド」グラニット 34mmシリーズ

SSケース、クォーツ、縦横34mm、2万5500円/カールエドモンド https://carledmond-josawa.jp

若い頃は尖っていたなどと昔話に浸りながら、今じゃ無難なアイテムを当たり前に選んでいる大人たちへ。その変化は決して悪いことではない。

しかし、もし心のどこかで「ホントはもっと尖ったものを……」と思っているならば、是非ともスウェーデンから届けられるカールエドモンドの一本を手に取ってほしい。

SSケース、クォーツ、縦横34mm、2万5500円/カールエドモンド https://carledmond-josawa.jp

シンプルな3針にバーインデックスは、北欧ブランドらしいなんとも落ち着いた佇まい。ただ、12時方向へ目を向けると、ラグにシグネチャープレートがあしらわれている。この斬新なアシンメトリーケースがさりげない個性の演出に力を貸す。

内部にスイス製のクォーツムーブメントを搭載し、スウェーデンの老舗タンナーが丹念に鞣した革をストラップへ。

そんな細部へのこだわりもまた、グッとくるじゃないの。

 

4:北欧デザインの魅力をこの一本に
「スカーゲン」ライル

SSケース、31mm径、2万2000円/スカーゲン www.skagen-japan.com

北欧デザインは、単に無駄を削ぎ落とした末に生まれたものではない。その奥には、北欧のさまざまな自然や風景が宿っているのである。例えば、デンマークウォッチの代表格で知られるスカーゲン。

スカーゲンはデンマークの人々の感覚や、ブランドの故郷にしてデンマーク最北端の美しい港町の情景やコペンハーゲンの象徴的な建築様式の中から着想を得ているのだとか。

そして春の新作として登場したこの「ライル」はレクタンギュラーケースの優しい曲線が美しい。サンドブラストのダイアルにローマンインデックスを組み合わせレトロな雰囲気の中にも洗練された印象をのぞかせる。

NEXT PAGE /

5:MoMAにも並ぶアートな名作
「ヤコブ イェンセン」ニュークラシックシリーズ

SSケース、クォーツ、縦38×横32mm、4万2000円/ヤコブ イェンセン https://jj-timepieces.jp

ヤコブ・イェンセンは、言わずと知れた世界的な名プロダクトデザイナーである。そしてその才は、着実に息子のティモシーにも受け継がれた。彼が初めて時計をデザインした、’85年発表のクラシックシリーズはその証左といえよう。なにせ、発表からわずか1年後には、すでにMoMA(ニューヨーク近代美術館)のショーケースに飾られていたのだから。

そんな名シリーズが、新たにリデザインされ再び登場した。シリーズを象徴する、ダイヤル、ケース、ストラップのバイカラーデザインはしっかりと継承しているが、ストラップはメッシュベルトへと変更され現代的に仕上げられている。その威光は30年以上経った今でも未だ衰えることはない。

 

“Less is more(少ないは豊か)”の考えを体現する北欧デザイン。そのミニマルながらもしっかりと個性を携えた時計たちは、仕事でプライベートでも、大人の腕元を飾るにふさわしいのだ。

コスパ良しな「コレ買っ時計」とは?
複雑機構ならいいワケじゃない。有名ブランドならいいワケでもない。カジュアルに付き合えて大きなリターンがあるのが理想。見た目もコスパもいい「コレ買っ時計」を、さまざまな切り口で選抜。上に戻る

菊地 亮=文

# カジュアルウォッチ# デザイン# 北欧# 腕時計
更に読み込む