みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.80
2020.02.26
WATCH

人気時計ブランドの周年カレンダー。2020年代に狙うべきモデルを探せ!

背中を押すのは“周年記念”。大義名分で購入したい、2020年代にアニバーサリーを迎える腕時計をご紹介。

今回は、2025年~2029年に周年を迎える傑作を揃えました!2020年~2024年もあわせてチェック

 

2025年に誕生20周年
「ベル&ロス」のBR03-92 ブラック マット

「ベル&ロス」のBR03-92 ブラック マット
セラミックスケース、縦42×横42mm、自動巻き。49万円/ベル&ロス ジャパン 03-5977-7759

誕生当時、ラルフ ローレンの広告ビジュアルでも着用され、センセーションを呼んだ計器モチーフの「BR」シリーズが、いよいよ成人とは!

小型化された42mm角の本作は、軽量にして耐久性が高く強靭、アレルギーフリーなセラミックスケースを採用、構造も一から見直すなど着実な進化を遂げている。ミリタリー好きな我々の腕元を変わらずに彩り続けられる1本だ。

 

2026年に誕生30周年
「ヴァシュロン・コンスタンタン」のオーヴァーシーズ・オートマティック

「ヴァシュロン・コンスタンタン」のオーヴァーシーズ・オートマティック
SSケース、41mm径、自動巻き。202万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

子曰く、三十にして立つ。というわけで独立などのゲンを担ぐ人に勧めたいのは、エレガントスポーツウォッチの名作だ。

ブランドアイコンのマルタ十字を模したベゼルやブレスレットの造形美は特筆もので、現存する世界最古のウォッチメーカーの実力を如実に示す。2016年に一新した現行モデルのブルーダイヤルは、大海原に乗り出す男の姿をも連想させるではないか。

NEXT PAGE /

2027年に誕生70周年
「ハミルトン」のベンチュラ

「ハミルトン」のベンチュラ
SSケース、縦50.3×横32.3mm、クオーツ。9万1000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371

世界初の電池式時計として登場し、その革新性にもとることのない型破りなケースデザインで愛され続ける三角形の個性派。リチャード・アービブが手掛けたミッドセンチュリーな佇まいもデザイン好きの心に響く。

本作はかのロックスター、エルヴィス・プレスリーも愛用したというフレックスブレスレットを採用したモデル。新たな道を開く相棒としてもいいだろう。

 

2028年に誕生80周年
「オメガ」のシーマスター ダイバー 300M マスター クロノメーター

「オメガ」のシーマスター ダイバー 300M マスター クロノメーター
SSケース、42mm径、自動巻き。56万円/オメガ 03-5952-4400

第二次世界大戦中にオメガが供給した高性能な軍用時計の技術をもとに改良し、1948年に生まれたのが防水時計「シーマスター」だ。’93年には、300m防水性能の「ダイバー300M」が仲間入り。以来、高い人気を誇り続ける。

一昨年のフルモデルチェンジでは、高い精度を誇るマスター クロノメーターを搭載。この調子で行けば、8年後のアニバーサリーにおける、さらなる進化まで期待したくなる。

 

2029年に誕生90周年
「IWC」のポルトギーゼ・オートマティック

「IWC」のポルトギーゼ・オートマティック
SSケース、42.3mm径、自動巻き。133万円/IWC 0120-05-1868

1930年代の終わりに2人のポルトガル商人がオーダーしたマリン・クロノメーターを出自とするクラシカルなコレクション。

大ぶりなケースにリーフ針やレイルウェイトラック、スモールセコンドとパワーリザーブを横に並べたツーカウンターダイヤルは、当時のデザインコードを確かに継承するもの。奇をてらわず、実直に時を重ねてきた不変の美観が、現行モデルからも十分に感じられる。

 

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール

髙村将司=文

# ヴァシュロン・コンスタンタン# オメガ# ハミルトン# ベル&ロス# 周年記念# 腕時計
更に読み込む