みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.79
2020.02.24
WATCH

ブレゲ、ブライトリング、カルティエ…… 周年を大義名分に購入したい傑作時計

欲しいとて、おいそれと買えない腕時計。背中を押す大義名分があればなぁ。ならば、アニバーサリー買いはどうか。自らの節目に時計の節目を迎え入れ、“周年記念”とともに祝うのだ。

2020年代に周年を迎える傑作時計をピックアップ。まずは、2020年~2024年まで。後半は、また改めて紹介するのでお楽しみに。

 

2020年に誕生30周年
「ブレゲ」のマリーン 5517

「ブレゲ」のマリーン 5517
チタンケース、40mm径、自動巻き。216万円/ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211

ブランドの祖である伝説的時計師、アブラアン-ルイ・ブレゲと深い関わりのある航海用時計、マリン・クロノメーターの流れを汲んだスポーツウォッチ「マリーン」が登場したのは、1990年。

ローマ数字やアレンジの効いたブレゲ針でクラシカルな雰囲気を残しつつ、本作においては耐腐食性の高いチタンケースを採用し、海時計としてのクオリティも向上している。

 

2021年に誕生90周年
「ジャガー・ルクルト」のレベルソ・クラシック・ミディアム・スモールセコンド

「ジャガー・ルクルト」のレベルソ・クラシック・ミディアム・スモールセコンド
SSケース、縦42.9×横25.5mm、手巻き。62万6000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

反転ケースを持つ角形の名作を検討しているなら、卒寿を迎える来年は狙い目。発表当時のアール・デコ様式に則ったデザインをベースに、時代に応じた変化を絶えず加えている点も見逃せない。

2017年にサイズ変更を加えた本作は、スモールセコンドを備えた手巻き式。向こう90年飽きることはないだろう。息長く進化する決心があるなら、この時計に託してみる? 

NEXT PAGE /

2022年に誕生70周年
「ブライトリング」のナビタイマー B01 クロノグラフ 43

「ブライトリング」のナビタイマー B01 クロノグラフ 43
SSケース、43mm径、自動巻き。97万円/ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011

時速や距離、飛行時間なども求められる航空回転計算尺を備えたパイロットウォッチの金字塔。登場以来デザインをほとんど変更せず、21世紀に及んでも支持されるのは、ブランドが謳う計器としての機能美ゆえ。

2011年以降は自社製キャリバー01が搭載され、より信頼性を高めた。一本筋の通ったその姿に心惹かれるなら、自らの節目と重ねて祝うもよし。

 

2023年に誕生70周年
「ブランパン」のフィフティ ファゾムス

「ブランパン」のフィフティ ファゾムス
SSケース、45mm径、自動巻き。143万円/ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233

防水性能をその名に冠したダイバーズの元祖的存在のひとつ。二重防水パッキンや軟鉄製インナーケースにより、約91.4m防水性能(1ファゾム≒1.83m)を実現させた。

視認性の高いダイヤルデザインやロック機構付回転ベゼルの搭載も先駆ける。5日巻きの自社キャリバーを積む本作は300m防水性能で、インナーケースによって耐磁性もアップした。

 

2024年に誕生120周年
「カルティエ」のサントス デュモン LM

「カルティエ」のサントス デュモン LM
K18PGケース、縦43.5×横31.4mm、クオーツ。126万円/カルティエ 0120-301-757 Vincent Wulveryck © Cartier

1904年、飛行家アルベルト・サントス=デュモンがルイ・カルティエにオーダーした腕時計。ビス留めされたベゼルや、ラグと一体化した流麗なケースデザインなど、今も古びないエレガンスを宿す。

オリジナルの哲学を受け継いだ最新の「サントス デュモン」は、磨き分けられたケースやダイヤルデザインなどに現代的な進化が見られる。搭載するクオーツは約6年間の連続作動。

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール、K18=18金、PG=ピンクゴールド

髙村将司=文

# カルティエ# ジャガー・ルクルト# ブランパン# ブレゲ# 周年記念# 腕時計
更に読み込む