NEWS Vol.529
2020.02.19
WATCH

ただの個性派にあらず。LVの新作時計「タンブール ムーン デュアルタイム」

毎日のように身に着ける腕時計は、ただ時間を見る道具ではない。腕元を飾るファッションピースであり、自分の“らしさ”を表現する重要な存在でもある。

その意味で、2020年3月6日(金)にルイ・ヴィトンから新たに発売される「タンブール ムーン デュアルタイム」は、最適な腕時計と言えるかもしれない。

「タンブール ムーン デュアルタイム シルバー」アリゲーター ストラップ、SSケース、44mm径、クオーツ。57万9000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

腕時計は、ケースが薄いと袖にあたらず着け心地も良いが印象が弱くなり、ケースが厚いと主張はあるが袖にあたりやすいという、二律背反を抱えていた。

2002年、ルイ・ヴィトン初の本格的なウォッチコレクションとして登場した「タンブール」は、約10mmという厚めのケースながら、文字盤から裏蓋方向にかけて台形状に広がっていく独自のケース形状を採用することで、袖にあたりにくく、見た目もしっかりと主張するデザインを考案。

その唯一無二ながら完成されたデザインは瞬く間に人気を博し、今ではルイ・ヴィトンの定番ウォッチとなっている。

2017年には派生モデルとして「タンブール ムーン」をローンチ。タンブールのケースに三日月の孤を想わせるカーブを持たせ、ユニークな文字盤のデザインと、100種類を超える多彩なストラップで腕時計での自己表現の可能性をさらに広げた。

そして2020年3月6日(金)に登場する「タンブール ムーン デュアルタイム」は、その個性をさらに進化させ、男の自己表現を手助けしてくれる。

NEXT PAGE /

新たなディテールが満載された
「タンブール ムーン デュアルタイム」

「タンブール ムーン デュアルタイム グラフィット」アリゲーター ストラップ、SSケース、44mm径、クオーツ。64万9000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

今回、タンブールシリーズで初めて採用された珍しい凹形状の文字盤により、奥行き感と独特の反射が生まれ、正面から見た際に吸い込まれるような深みを感じられる独特のフェイスに仕上がっている。

また通常の時針と分針が示すローカルタイムに加えて、セカンドタイム表示も可能なGMTウォッチとなっており、24時間表示のセカンドタイムは表面の仕上げをほかと変えて文字盤上に表示。さらにデイ&ナイト インジケータと連動する上下のツートンカラーが、個性と読みやすさを高めてくれている。

「タンブール ムーン デュアルタイム シルバー」アリゲーター ストラップ、SSケース、44mm径、クオーツ。57万9000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

また本モデルのためにデザインされたモノグラム・フラワーやカラフルなフラッグのデザインも、今作でしか得られない遊び心。

すべてのモデルに搭載したクオーツムーブメントは高い精度を誇り、ケースは堅牢なステンレススチール製。カラー、デザイン、仕上げなど、多彩な文字盤のバリエーションから自分好みに選べる点もありがたい。

 

ルイ・ヴィトンが生み出した唯一無二の腕時計「タンブール ムーン デュアルタイム」。この時計を着ける人の魅力も、唯一無二にしてくれるはずだ。

 

[問い合わせ]
ルイ・ヴィトン
0120-00-1854

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

# ルイ・ヴィトン# タンブール# 腕時計
更に読み込む