時器放談 Vol.15
2019.12.30
WATCH

エルメスの時計が持つ“俳句な世界”を「スリム ドゥ エルメス」で堪能

時器放談●マスターピースとされる名作時計の数々。そこから6本を厳選し、そのスゴさを腕時計界の2人の論客、広田雅将と安藤夏樹が言いたい放題、言葉で分解する。「ラグジュアリーブランド編」となる今回の5本目は、エルメスの「スリム ドゥ エルメス」。

安藤夏樹●1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリーマガジンの編集長を経て、現在はフリーに。「SIHH」や「バーゼルワールド」を毎年取材し、常に自分の買うべき時計を探す。口癖は「散財王に俺はなる!」。

安藤 エルメスの時計の歴史ってけっこう古いんですよね?

広田 そうですね。比較的古い。確か20世紀初頭には扱い始めているはずです。初期のころにはジャガー・ルクルトなどと一緒に時計を作ったり。1978年には「ラ・モントル・エルメス(現・エルメス・オルロジェ)」って時計の子会社を設立しています。

安藤 以前は女性向けの時計のイメージが強かったんですが、最近はメンズが良いですよね。この「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」は、見た目からして「これぞエルメス」というか、上品なのに少しの可愛らしさがある感じ、けっこう好きです。

ラグジュアリーブランドのスゴい時計【5】
エルメス「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」

エルメス「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」
7時位置にあるインジケーターが1時間のタイムキーパー。華奢で小さなチーンという音がする。「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」。K18PGケース、40.5mm径、自動巻き。431万円/エルメスジャポン 03-3569-3300

広田 素敵!  超お上品! エルメスワールド全開です。

安藤 単に上品なだけに止まらず、モダンさを感じるのは、やっぱりこのアラビア数字のフォントのせいでしょうか。現代フランスを代表するグラフィックデザイナー、フィリップ・アペロワが、エルメスのためにデザインしたんですよね。

広田 そうそう。んでもって、機械も面白いですよ。機能的には紳士のためのリマインダー時計というか。

安藤 リマインダー時計?

広田 はい。いわゆるアラーム時計ですけど、設定時間の1時間前になると7時位置にあるインジケーターの針がビューンと動き出して、その時が来たら自分にしか聞こえないくらい小さな音でチーンって鳴る。

安藤 ああ、だからリマインダー時計か。確かに普通のアラーム時計だと「ジリジリ」と誰もが気づくくらいの音が出ますもんね。でもこの時計の場合には密やかに鳴るというか、自分のためだけに鳴っている感じ。たとえ他の人に聞こえたとしても、嫌な感じは受けない音ですよね。会議のときとか、この機能使ってたら洒落てるなぁ。

広田雅将●1974年、大阪府生まれ。腕時計専門誌「クロノス」編集長。腕時計ブランドや専門店で講演会なども行う業界のご意見番である。その知識の豊富さから、付いたあだ名は「ハカセ」。
NEXT PAGE /

高度な技術力と遊び心から生まれた傑作時計

広田 とにかく品がいいんですよ。そして、真面目に作ってる。

安藤 大人のギミックですよね。エルメスのメンズウォッチって、ポエティックというか、高い技術力をわざと実用以外のところに使っているのが面白い。

広田 ヴァン・クリーフ&アーペルなんかも目指すところは近いけど、エルメスの場合には、やっぱり女性用のベーシックな時計が売れているじゃないですか。確実に売れるベースがあるから、こういう遊びができるんだと思います。

安藤 機械でやってることは、けっこう高度ですよね。

 広田 そう。ムーブメントを作っているのは、機械式ムーブメント会社として知られるヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエですからね。ヴォーシェは、もともと「神の手を持つ男」の異名を持つ時計師、ミシェル・パルミジャーニのブランド「パルミジャーニ・フルリエ」のムーブメント製作部門が独立した会社です。

安藤 そんな実力派がエルメスの遊び心と組み合わさった結果として、「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」みたいな時計が生まれた、と。

広田 エルメスの時計は基本的にブティックで販売しているから、エルメス好きが買うというのも大きい。遊び心を前面に押し出しても買ってもらえるんですよ。

安藤 確かに、カバンや靴、洋服なんかと世界観が一致してますよね。エルメスでいろいろ揃えたくなる気持ちもわかります。レザーバンドなんか、まんまエルメスの世界観ですから。腕に着けていて気持ちが良い。

NEXT PAGE /

シンプルだけど奥深い。まるで俳句な時計とは?

リュウズを回す感覚すらも気持ちいい。

広田 エルメスの時計ってね、なんか俳句っぽいんですよ。

安藤 俳句!? ほおお。その心は?

広田 時というものをストレートに示すんじゃなくて、なんかこう……暗に表現するというか。シンプルなのに奥深い。

安藤 なんとなく、わかる……かな、言わんとすることは(笑)。ちなみに俳人で言うと、誰ですか、この「スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント」は。

広田 誰ですかね……。この感じ。誰だろう? 癒やしがあるんだよなぁ。見た目はちゃんとしてて、でも、機能には少しの「ひねくれ」があって……。

上から、下から、斜めから。じっくり眺めて「エルメスの時計はよくできてる」と広田さん。

安藤 俳人に例えるのは少し難しかったですかね。じゃあ、この時計で一句お願いします。

広田 えーっと……「密やかなぁ」って詠めませんよ(笑)。

安藤 (笑)。まぁ、この時計にはユーモアがあるんですよね。しかも、エルメスらしいユーモアが。大人が見てニヤってする感じ。ほかのブランドの時計にもユーモアを感じることはあるけど、エルメスのはちょっと高度な気がします。だから、パッと見ではわかんない。見た目はオーソドックスで、長く使える時計なんだけど。

広田 チーンと鳴る。

安藤 そうそう。とにかくエルメスが凄いのは、確かな技術力を使って、全力でメゾンの世界観を表現しに行っているところにあると思う。時間を「知る」ためでなく「楽しむ」ための時計作り。こういうのは、なかなか時計専業メーカーには難しいと思います。

 

[問い合わせ]
エルメスジャポン
03-3569-3300

※本文中における素材の略称は以下のとおり。K18=18金、PG=ピンクゴールド

関 竜太=写真 いなもあきこ=文

# エルメス# スリム ドゥ エルメス ルゥール・アンパシアント# 時計
更に読み込む