冬遊びをアツくする「アウトドア服と車」。どう選ぶ? Vol.40
2019.12.17
WATCH

腕時計も“働き方改革”。ビジネスウォッチにおける個性豊かな4つの最適解

スーツに似合う腕時計。それは今も昔もエレガンスを備えた控えめなデザインが定石だ。だが働く服やスタイルと同様に、その選択肢も多様化している。

だからこそ、人それぞれ優先事項が変わってくる。というわけで、ここではビジネスウォッチの必須要件を満たし、かつ個性豊かな4つの最適解を提示する。

 

派手でもなく地味でもない! 抑制の利いたグッドルッキング

AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック
K18PGケース、41mm径、自動巻き。280万円/オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック

ビジネスウォッチに過度な装飾性は不要だが、それなりの個性は求めたい。そんな本音に応えるのが、オーデマ ピゲのニューコレクションだ。正面からはシンプルなラウンドケースに見えて、ミドルケースにはブランドのデザインコードでもある八角形を秘める。オープンワークが施されたラグの下部は実はケースバックと接していない。

さらに風防にはダブルカーブを施し、3次元のフォルムは見る角度によって光学的模様を浮かび上がらせる。シンプルに見えて実にユニークな作り込みで、抑制の利いたデザインに仕上がっている。

 

人は24時間は働けません、でも……最長80時間パワーリザーブ

TISSOT ティソ/ティソ ジェントルマン
SSケース、40mm径、自動巻き。15万4000円/ティソ 03-6254-7361

TISSOT(ティソ)/ティソ ジェントルマン

例えば平日に身に着けていた時計を週末に外しておく。そして迎えた月曜日に再び手に取り身に着けたときに、針が止まっていたり狂っていたら時刻合わせが手間になる。これは主ゼンマイの巻き上げ残量がゼロになったり、少なくなったときに発生する問題。

そこで、便利なのがロングパワーリザーブ(長時間駆動)機能。2日分(=48時間)以上が理想的だ。その点、シリコン製ひげゼンマイを採用した、ティソが誇る最新ムーブメント、パワーマティック80 シリシウムを搭載する本作は、最長約80時間駆動。シックなコンビデザインも仕事向き。

NEXT PAGE /

時間にはウルサイ男であれ! 年差±1秒という正確性

THE CITIZEN ザ・シチズン/AQ6010-06A
世界限定100本。K18WGケース、37.5mm径、クオーツ。180万円/シチズン 0120-78-4807

THE CITIZEN(ザ・シチズン)/AQ6010-06A

時間どおりに行動する、期限や締め切りを守る。ビジネスにおいてこれは基本のキ。だがそれを当たり前にこなすことほど難しい。今年、ザ・シチズンのクオーツ時計は“正確に時を刻む”という当たり前に真正面から挑戦した。

精度を追求し、温度などの変化に影響されにくい水晶振動子(=クオーツ)を採用することで年差±1秒(一般的なクオーツ時計の精度は年差±240秒)の偉業を達成。電波など外部情報に頼らず時刻表示する時計としては史上最高となるこの正確性は、働く男を勇気づける相棒となるはずだ。

 

世界を股にかける男のための24都市ワールドタイマー機構

FREDERIQUE CONSTANT フレデリック・コンスタント/ワールドタイマー マニュファクチュール
SSケース、42mm径、自動巻き。42万9000円/フレデリック・コンスタント 0570-03-1988

FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)/ワールドタイマー マニュファクチュール

グローバル化が進むなか、ビジネスで海外へ赴くことも、日本にいながら海外とやり取りをすることもごく一般的になった。そんな現代を生き抜く男にこそ、世界の主要都市の現在時刻がひと目で確認できるワールドタイム機構を備えた腕時計が必要不可欠だ。

フレデリック・コンスタントのこのモデルは、ダイヤル中央に世界地図が描かれ、その外周に主要都市名をレイアウト。都市名の内にある24時間表示のインデックス付き回転ディスクが、その都市の現在時刻を示す。またディスクの色分けにより昼夜も瞬時に判断できる。

 

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール、K18=18金、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド

柴田 充、髙村将司、増山直樹、渋谷康人=文

# オーデマ ピゲ# シチズン# フレデリック・コンスタント# ビジネスウォッチ# 腕時計
更に読み込む