2019.08.13
WATCH

《ルイ・ヴィトン》大海原を思わせるブルーダイヤルのクロノグラフ

世界から61ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワ ールドウォッチフェア」。限定品、 稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる14日間は8月21日(水)からスタート! と、その前に、今回の注目11モデルをフライングチェックする。

LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン/タンブール オトマティック クロノグラフ ブルー

旅は楽しい。だが醍醐味は、むしろ出発前と戻ってきてからにある。ある冒険家も言っている。冒険の最中はただ苦しいだけ。喜びや達成感は、あとから振り返って初めて感じる、と。日常との比較で旅を感じ、その視点をいつどこにいても持つことで、普段見慣れた風景さえも異国のように新鮮に感じられる。これも旅の面白さだ。

その魅力をルイ・ヴィトンの「タンブール オトマティック クロノグラフ ブルー」は知っている。
[男性]腕時計SSケース、46mm径、自動巻き。80万8000円〜/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 ※価格はストラップにより異なります。トップス9万円、バッグ37万7000円、[女性]シャツ13万8000円、バッグ56万円/すべてルイ・ヴィトン 0120-00-1854

その魅力をルイ・ヴィトンの「タンブール オトマティック クロノグラフ ブルー」は知っている。大海原を思わせるブルー文字盤にクロノグラフを備え、ヨットマンならレガッタ開始を告げる赤と青の色づけにも心を掻き立てる。ストラップは簡単に付け替え可能。

LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン/タンブール オトマティック クロノグラフ ブルー
ルイ・ヴィトン「タンブール オトマティック クロノグラフ ブルー」SSケース、46mm径、自動巻き。80万8000円〜/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 ※価格はストラップにより異なります。

[イベント詳細]
第22回 三越ワールドウォッチフェア
期間:8月21日(水)〜9月3日(火)
場所:日本橋三越本店 本館6階ウォッチギャラリー、本館7階催物会場(7階は8月26日まで)

※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール

川田有二=写真 武内雅英=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 柴田充=文

# ルイ・ヴィトン# 腕時計
更に読み込む