2019.07.23
WATCH

クロノグラフ、GMT、トゥールビヨン……正しく答えられる? 時計の機構

時計の記事に散見される専門用語の多くは、その機構を示すもの。ここでは人気、実用性、個性派という観点から選んだ、8つの機構について学ぶ。

きっと時計偏差値が高まれば高まるほど、どんどん時計が好きになっていきますぞ。


[左]ZENITH ゼニス/ 半世紀の技術革新を注ぎ、1/100秒計測の世界へ[右]IWC アイ・ダブリュー・シー/ 実用パーペチュアルの伝統をパイロットに継承

[左]ZENITH
ゼニス/デファイ エル・プリメロ 21 カーボン
半世紀の技術革新を注ぎ、1/100秒計測の世界へ

自動巻き式クロノグラフの歴史は、今から50年前に始まった。なかでもゼニスのエル・プリメロは、一体型構造に加え、毎時3万6000振動というハイビートを誇り、1/10秒までの計測を実現。進化を遂げた最新モデルでは、時刻表示とクロノグラフのそれぞれに独立した香箱と脱進機を設け、特に後者は36万振動を備える。これにより、1/100秒までの計測を達成させた。カーボンケース、44mm幅、自動巻き。203万円/ゼニス ︎03-3575-5861

機構名_クロノグラフ
時間の経過を任意で止め、積算計測のできるストップウォッチの機能。文字盤に独立した時分の積算カウンターを備え、クロノグラフ作動中も通常の時刻を読み取ることができる。スポーツウォッチとしても人気の高い機能で、近年ではより正確な時間を計測することが可能に。

[右]IWC
アイ・ダブリュー・シー/ビッグ・パイロット・ウォッチ・
パーペチュアル・カレンダー ・スピットファイア
実用パーペチュアルの伝統をパイロットに継承

高名なIWCの設計師、クルト・クラウスが手掛けた1980年代の実用パーペチュアルの伝統は、今もなお脈々と受け継がれている。7日巻きのパワーリザーブはやすやすとムーブメントを止めてしまうことなく、たとえカレンダーの調整が必要になった場合もリュウズひとつで簡単に行える。

ケースは経年変化が楽しめるブロンズを用い、そこにオリーブ・グリーン文字盤がアクセントを加える。北半球と南半球の月を表示するムーンフェイズ、その横に描かれた機影は、パイロットウォッチらしい大空への憧れをそそるのだ。世界限定250本。ブロンズケース、46.2mm径、自動巻き。318万円/IWC ︎0120-05-1868

機構名_パーペチュアルカレンダー
永久カレンダーとも呼ばれる。通常、大の月と小の月によって必要となるカレンダーの調整をすることなく、さらに4年に1度訪れる閏年の周期も計り、自動的に日捲りする。18世紀末ブレゲによって開発され、腕時計では1925年にパテック フィリップが実用化した。


MIDO
ミドー/マルチフォート デュアルタイム
80時間の連続駆動に、第2時間帯表示を備えた実用派

MIDO ミドー/マルチフォート デュアルタイム 80時間の連続駆動に、第2時間帯表示を備えた実用派
SS(ブラックPVD加工)ケース、42mm径、自動巻き。12万8000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7190

ミドー初のGMT機能を装備したキャリバー80を搭載。80時間を誇るロングパワーリザーブに加え、中心に備えたオレンジ色のGMT針が第2時間帯を指し、24時間表示によりその昼夜も確認できる。シンプルなフェイスは視認性も高く、2つの時間針を見誤ることもない。旅の時間をよりスマートに支える、信頼できる実用GMTだ。

機構名_GMT(デュアルタイム)
GMTとはグリニッジ標準時(世界標準時)を意味し、現在地に加え、時差のある異なる時刻を表示できる。グローバル化する時代背景から、海外渡航やビジネスなどでも実用的な機能だ。GMT針のほか、回転ベゼルやインダイヤルの表示などスタイルはさまざまだ。


A.LANGE & SÖHNE
A.ランゲ&ゾーネ/ランゲ1・タイムゾーン “25th アニバーサリー”
操作性と視認性を両立した、25周年記念の旅時計

A.LANGE & SÖHNE A.ランゲ&ゾーネ/ランゲ1・タイムゾーン “25th アニバーサリー” 操作性と視認性を両立した、25周年記念の旅時計
世界限定25本。K18WGケース、41.9mm径、手巻き。548万円/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

「ランゲ1・タイムゾーン」独自のタイムゾーン機能は、ワールドタイムとGMTの機構を統合。都市名が記された外周リングに同期し、サブダイヤルでその時間帯を瞬時に表示する。2つの時刻表示は、いずれもデイ&ナイト表示を装備。誕生25周年を祝した記念モデルは、シルバー文字盤にブルースチール針をはじめ、鮮やかなブルーが映える。

機構名_ワールドタイム
ワールドタイムは、世界の主要都市の時間帯を俯瞰して把握できる機構だ。もっとも一般的なのは、文字盤に記された都市名を指定の位置にセットすると、針が自動的にその土地のタイムゾーンを指し示すというもの。そのほか、世界地図で表示して視覚的にも楽しめるタイプも。

NEXT PAGE /

LONGINES
ロンジン/ロンジン マスターコレクション
名門のフラッグシップに相応しいデイリーウォッチ

LONGINES ロンジン/ロンジン マスターコレクション 名門のフラッグシップに相応しいデイリーウォッチ
SSケース、40mm径、自動巻き。26万7000円/ロンジン 03-6254-7351

「ロンジン マスターコレクション」は2005年の誕生以来、フラッグシップモデルとして機能やスタイルも拡充する中、いよいよブランド初のアニュアルカレンダーを採用。ネイビー文字盤にさりげなく備えたデイデイト表示は、年に1度の調整で正確に月と日付を表示する。レザーストラップも文字盤と同色のネイビーを採用し、統一感をもたせた。

機構名_アニュアルカレンダー
年に1度、3月1日にのみ日付を調整することで、大小の月を問わず、常に正確に日捲りする。永久カレンダーに準ずる実用機能だが、機構の簡素化で価格も抑える。通常は永久カレンダーが停止後のカレンダー調整は複雑なのに対し、より簡易で使いやすいという利点もある。


FREDERIQUE CONSTANT
フレデリック・コンスタント/クラシック
トゥールビヨン パーペチュアルカレンダー
最高峰コンプリケーションを躍動感あるブルーで彩る

FREDERIQUE CONSTANT フレデリック・コンスタント/クラシック トゥールビヨン パーペチュアルカレンダー 最高峰コンプリケーションを躍動感あるブルーで彩る
世界限定88本。SSケース、42mm径、自動巻き。281万8000円/フレデリック・コンスタント 0570-03-1988

ブランド初のトゥールビヨンを2008年に発表し、創業30周年を迎えた2018年にはこれにパーペチュアルカレンダーを加えた。脱進機にはシリコンを採用し、2つの複雑機構を融合したグランドコンプリケーションながら、コストも抑える。手の届くラグジュアリーを提唱するフレデリック・コンスタントならではのモデルで、本作は今年誕生したブルー仕様。

機構名_トゥールビヨン
脱進機と調速機をケージに収め、常時回転させることで姿勢差を分散し、重力によって生じる誤差を補正・調整する。1795年アブラアン・ルイ・ブレゲによって発明された、懐中時計において有効な技術だが、現代でも伝統的な複雑機構の象徴として人気は高い。

NEXT PAGE /

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/トラディショナル・
ツインビート・パーペチュアルカレンダー
モード切り替えで、パーペチュアルを止めるな!

VACHERON CONSTANTIN ヴァシュロン・コンスタンタン/トラディショナル・ ツインビート・パーペチュアルカレンダー モード切り替えで、パーペチュアルを止めるな!
今秋以降発売予定。ブティック限定。Ptケース、42mm径、手巻き。2900万円[予価]/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

機構名_ツインビート
パーペチュアルカレンダーは、その利便性と引き換えに、再始動時のカレンダーの調整には手間がかかる。この弱点を補うため、本作では2つのテンプを備え、5Hz(毎時3万6000振動)のアクティブモードと1.2Hzのスタンバイモード(毎時8640振動)をセレクターで切り替えることができる。

これによりパワーリザーブを格段に伸ばし、アクティブモードで4日間、スタンバイモードでは65日間の連続駆動を実現した。スケルトナイズドされたモダンなダイヤルには、各モードでの残量表示を備える。伝統機構に新たな発想を注ぐ革新的な技術だ。


LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン/タンブール オトマティック スピン・タイム エアー グレー
10年を経て、さらに美しさと洗練を増したユニーク機構

LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン/タンブール オトマティック スピン・タイム エアー グレー 10年を経て、さらに美しさと洗練を増したユニーク機構
K18WGケース、42.5mm径、自動巻き。646万円[予価]/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

機構名_スピン・タイム
技術革新は精度や機能だけではなく、個性的な計時にも注がれる。このスピン・タイム機構もまさにそのひとつ。通常の針ではなく、12個のキューブがリレー式に瞬時に回転して時を表し、センターサークルの針で分を表示するのだ。この独創的な機構は、ルイ・ヴィトンが2009年に開発し、特許を取得する。

2019年はその誕生10周年を経て、熟成にさらに磨きをかけた。スケルトン化されたケースにキューブが浮かび上がり、瞬転する動作は見ていても楽しい。奇しくも12のインデックス数は、ブランドの文字数でもあり、そんな符合もユニークさを演出している。


※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール、K18=18金、WG=ホワイトゴールド、Pt=プラチナ

星 武志(エストレジャス)=写真(静物) 石川英治(Table Rock.Studio)=スタイリング(静物) 柴田 充、髙村将司、渋谷康人、水藤大輔、中村英俊=文

# A.ランゲ&ゾーネ# ヴァシュロン・コンスタンタン# ゼニス# フレデリック・コンスタント# ルイ・ヴィトン# ロンジン# 機構# 腕時計
更に読み込む