2019.07.06
WATCH

圧倒的な美しさ……だから恋すべき麗しのマイ・フェア・ウォッチ

ひと目で惚れ込める美的な外観。作り手が違えば、その美意識も違う。アートや建築、ファッション、自然が生み出す黄金比など、基づく哲学によって異なるその美観は、まさに“五本五色”である。さて、あなたはどんなフェア・レディに恋をする?

パルミジャーニ・フルリエ/トリック クロノメーター、ヴァシュロン・コンスタンタン/パトリモ二ー・マニュアルワインディング、ブルガリ/オクト ローマ

1_PARMIGIANI FLEURIER
パルミジャーニ・フルリエ/トリック クロノメーター
フィボナッチ数列が導く黄金比で魅せるギョーシェ彫り

天才と謳われる凄腕時計師、ミシェル・パルミジャーニがインスパイア源としているのは、自然界に潜む調和のとれたプロポーション、いわゆる黄金比だ。ベゼルのローレット加工が美しいラウンドウォッチ「トリック」の最新作に採用したダイヤルのギョーシェ彫りが、まさにその黄金比によるもの。

松かさが螺旋構造を描くのと同じフィボナッチ数列から導き出される軌道は、美しく、そして非常に複雑。1mmの狂いも許されない精密な技術とともに、自然の神秘がもたらす美を堪能したい。K18レッドゴールドケース、40.8mm径、自動巻き。240万円/パルミジャーニ ・フルリエ ︎03-5413-5745

2_VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/パトリモ二ー・マニュアルワインディング
金色の外装の中で輝きを放つ“マジェスティックブルー”

エレガンスという言葉を形にした時計が、現存する世界最古の時計ブランドの看板を背負う「パトリモニー」の最新作だろう。薄さ6.8mmのK18PGケースに映えるのは、オリジナルカラーの“マジェスティックブルー”でブルーサンバースト仕上げを施したダイヤルだ。

その上に、細身のバーインデックスやドットのミニッツトラックが、品良くまとめられている。3針デイト付きモデル、レトログラード式のデイデイトモデルもラインナップするが、ダイヤルの美しさを存分に楽しむなら、この2針タイプが最適といえよう。K18PGケース、40mm径、手巻き。199万円/ヴァシュロン・コンスタンタン ︎0120-63-1755

3_BVLGARI
ブルガリ/オクト ローマ
古代遺産のイメージをモダンに伝えるコンビ使い

ラウンドと八角形を組み合わせた幾何学的フォルム。「オクト」コレクションといえば、古代ローマ遺跡であるマクセンティウスのバシリカ(公会堂)の壁面装飾が着想源だ。ケースのファセットを減らした「ローマ」は、オクトの中でも特に優美な印象に。

2019年モデルでは、スチールとゴールドをコンビ使いすることで、ラウンドと八角形の対比を簡潔かつモダンに表現。アンスラサイトカラーのサンレイダイヤルや鏡面のゴールド、サテン仕上げのスチールと凝ったディテールに、ジュエラーとしての美意識が存分に投影されている。K18PG×SSケース、41mm幅、自動巻き。81万円/ブルガリ ジャパン ︎03-6362-0100

NEXT PAGE /

CHANEL
シャネル/ボーイフレンド スケルトン エディション ノワール
無駄を排除し、簡潔さを重んじる
美学が一貫するモダンなスケルトン

CHANEL シャネル/ボーイフレンド スケルトン エディション ノワール 無駄を排除し、簡潔さを重んじる 美学が一貫するモダンなスケルトン
今秋発売予定。世界限定55本。高耐性セラミックス×SSケース、縦37×横28.6mm、手巻き。385万円/シャネル 0120-525-519

八角形のケースを持つ「ボーイフレンド」のスケルトンモデルは、ビスなどの“舞台裏”を正面から見せずに、連なる3つの円の中に輪列が浮いているかのようにデザインされた自社製キャリバー 3.を搭載。シンプルで無駄のない装いを是とするマドモアゼル シャネルの哲学にも通ずるものだ。

この最新モデルでは、お家芸でもあるブラックのセラミックスケースに加え、キャリバーに使用されるブリッジや地板にもブラックADLC加工を施し、その名のとおり「真っ黒」に染め上げた。「黒はすべての色に勝る」と言ったマドモアゼルの美意識が徹底されている。


ROBERTO CAVALLI BY FRANCK MULLER
ロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラー/RV1G079L0041
アートや建築に息づく美世界を色気あるデザインで再構成

ROBERTO CAVALLI BY FRANCK MULLER ロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラー/RV1G079L0041 アートや建築に息づく美世界を色気あるデザインで再構成
SS(ローズゴールドPVD加工)×セラミックスケース、43mm幅、自動巻き。33万円/ミスズ 03-3247-5585

色気を形にさせたら右に出る者はいない巨匠、ロベルト・カヴァリの卓越したセンスを、フランク ミュラーがその高い技術力により造形に落とし込んだウォッチコレクション。アートや建築にインスパイアされた正十角形の黒いセラミックスベゼルとゴールドカラーのケースは、両者の魅力が融合した賜物。文字盤のハニカムパターンと赤い秒針が絶妙なアクセントとなっている。


※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール、K18=18金、PG=ピンクゴールド

星 武志(エストレジャス)=写真(静物) 石川英治(Table Rock.Studio)=スタイリング(静物) 柴田 充、髙村将司、渋谷康人、水藤大輔、中村英俊=文

# ヴァシュロン・コンスタンタン# ブルガリ# 審美性# 腕時計
更に読み込む