2019.07.02
WATCH

ほんのり表情を変えてイメチェンした名作時計はこの5本に注目!

ふとしたことでハッとする。いつもと表情が違うだけで、いつもと纏うものが違うだけで、ガラリと印象が変わって惚れ直す、なんてよくあること。時計においても、ダイヤルやストラップ、素材など、小さな違いが大きな違いになることもあるんだな。

A.LANGE & SÖHNE
A.ランゲ&ゾーネ/ツァイトヴェルク・デイト
機械式デジタルの名作が、巧みに日付を表示する術とは

A.ランゲ&ゾーネ/ツァイトヴェルク・デイト 機械式デジタルの名作が、巧みに日付を表示する術とは
7月以降発売予定。K18WGケース、44.2mm径、手巻き。987万円[予価]/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080

瞬転する数字ディスクで時分をデジタル表示する機械式時計の名作「ツァイトヴェルク」。その10周年を迎えた今年、ファミリーに加わったのはデイトモデルだ。A.ランゲ&ゾーネは2枚のディスクで2桁表示するアウトサイズデイトを得意とするが、本作の場合、それを搭載するのはスペース的に困難。そこで採用したのが、文字盤外縁を赤いセグメントが周回する独自の日付表示。定評あるスタイルに拘泥せずに新機軸を見いだすブランドの矜持が見られる。


PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ/アクアノート 5168
新色カーキグリーンが自然への冒険心を掻き立てる

パテック フィリップ/アクアノート 5168 新色カーキグリーンが自然への冒険心を掻き立てる
K18WGケース、42.2mm径(10時-4時方向)、自動巻き。433万円/パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109

かの「ノーチラス」と同じく舷窓をモチーフにした八角形ベゼルを持つ「アクアノート」。ノーチラスのような両サイドの“耳”を持たないシンプルなケースとアラビアインデックスによる、カジュアルなビジュアルの本コレクションに加わったのが、新色のカーキグリーンである。

ベースになっているのは、“ジャンボ”の愛称で親しまれる、42.2mm径のビッグサイズモデル。まだ見ぬ地平を目指す冒険心や自然への探究心をイメージしたダイナミックなカラーリングは、無垢な輝きを放つホワイトゴールドケースに映え、圧倒的な存在感を放つ。また特許を取得する4つの留め金を備えた折りたたみ式バックルは、開閉の際の安全性が高められている。


GIRARD-PERREGAUX
ジラール・ペルゴ/ロレアート アブソルート
精悍さを増した色使いで本格スポーツウォッチに変貌

ジラール・ペルゴ/ロレアート アブソルート 精悍さを増した色使いで本格スポーツウォッチに変貌
8月発売予定。チタンケース、44mm径、自動巻き。109万円/ソーウインド ジャパン 03-5211-1791

八角形とラウンドを組み合わせた特徴的なベゼルで、独自のエレガンスを体現する人気作「ロレアート」を、300m防水性能を有する本格スポーツモデルとして昇華させたのが「ロレアート アブソルート」だ。今年のテーマである「アース・トゥ・スカイ」をそれぞれ示す黒と青に彩られたツートーンのカラーリングに、挿し色の赤が加わって、いっそう精悍なルックスに。

NEXT PAGE /

ROLEX
ロレックス/オイスター パーペチュアル GMTマスター Ⅱ
よりラグジュアリーな装いとなった
ジュビリーブレスのトラベラーウォッチ

ロレックス/オイスター パーペチュアル GMTマスター Ⅱ よりラグジュアリーな装いとなった ジュビリーブレスのトラベラーウォッチ
SSケース、40mm径、自動巻き。88万円/日本ロレックス 03-3216-5671

実用腕時計界の先頭をひた走るロレックスの新たな「GMTマスター Ⅱ」。新作は2013年に登場した青×黒という2色のセラクロムインサートベゼルを備えつつ、ドレッシーな5連のジュビリーブレスレットを装備。この組み合わせが今までになかった新しいデザインなのだ。

さらに、COSCとロレックス高精度クロノメーター認定のキャリバー3285が搭載されている点も大きな魅力。これは約70時間パワーリザーブを誇るだけでなく、信頼性や耐衝撃性、耐磁性などを強化させたロレックスの新世代ムーブメントだ。


HAMILTON
ハミルトン/ベンチュラ オート
従来なかった斬新なラウンドのダイヤルデザイン

ハミルトン/ベンチュラ オート 従来なかった斬新なラウンドのダイヤルデザイン
SSケース、縦53.5×横34.7mm、自動巻き。12万円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371

ミッドセンチュリーを代表するインダストリアルデザイナーのひとり、リチャード・アービブが手掛けた世界初の電池式腕時計「ベンチュラ」。その精神を現代まで受け継ぐ最新作は、文字盤の中に正円のインダイヤルを備える。トライアングルケースにラウンドを組み合わせることで、どこか懐かしくも未来的な雰囲気に。また搭載するのは最大80時間駆動の高性能ムーブメント、H-10だ。


※本文中における素材の略称は以下のとおり。SS=ステンレススチール、K18=18金、WG=ホワイトゴールド

石川英治(Table Rock.Studio)=スタイリング 柴田 充、髙村将司、渋谷康人、水藤大輔、中村英俊=文

# A.ランゲ&ゾーネ# ジラール・ペルゴ# パテック フィリップ# ハミルトン# ロレックス# 腕時計
更に読み込む