2019.06.15
WATCH

常識にとらわれないデザインを愛でる。裏表の概念を超えた独創的な時計

ここで紹介するのは、表と裏で多種多様な表現をしている時計。付加機能を備えたり、本来は裏に秘めた個性を表に移したり。まったく異なる魅力を備えたものもある。いずれも裏表という既成概念にとらわれない、独創性に惹かれる。


BOVET
ボヴェ/アマデオ フルリエ ヴィルトゥオーソ Ⅴ

BOVET ボヴェ/アマデオ フルリエ ヴィルトゥオーソ Ⅴ
K18レッドゴールドケース、43.5mm径、手巻き。845万円/ボヴェ(DKSHジャパン 03-5441-4515)

3つのスタイルで2つのデザインを楽しむ
一方は5日巻きムーブメントをむき出しにしたデザイン。もう一方は、ジャンピングアワーとレトログラード分針のみという削ぎ落とした顔立ち。表と裏という概念がないボヴェを象徴する1本で、特許取得のケースは腕時計としてだけでなく、ベルトを取り外せばデスククロック、懐中時計としても使える。


TISSOT
ティソ/ティソ ヘリテージ 2018

TISSOT ティソ/ティソ ヘリテージ 2018
SSケース、42mm径、手巻き。11万円/ティソ 03-6254-7361

懐中時計の歴史を回顧する本格手巻き式
歴代アーカイブをモチーフにしつつも、現代的な実用性やスタイルを与えて蘇らせるティソの復刻シリーズ。その最新作は、1943年のニッケルクローム合金ケースの手巻き式時計にオマージュを捧げる。

オリジナルが搭載したティソ専用の27mm径キャリバーに対し、こちらも同じ手巻き式のETA6498-1を採用。これは、オールドムーブメントマニアの間でも人気の高いユニタス社のメカをベースにする。風格あるフェイスと同様、ケースバックに隙間なく配された大径ムーブメントも武骨さと迫力に溢れる。


HUBLOT
ウブロ/ビッグ・バン ウニコ ブルーマジック

HUBLOT ウブロ/ビッグ・バン ウニコ ブルーマジック
世界限定500本。セラミックスケース、45mm幅、自動巻き。222万円/ウブロ 03-5635-7055

技術にスポットを当てた自社ムーブメントの矜持
フュージョンというコンセプトに基づき、先進素材や独創的な複雑機構を組み合わせたエッジィなデザインが注目を集めるが、その根底には実用性と信頼性を併せ持つ時計の本質が貫かれる。その象徴が自社研究開発のクロノグラフムーブメント「ウニコ」だ。

2009年に開発され、精度と堅牢性を両立し、さらに本来は文字盤の裏に位置するクロノグラフの作動機構を表面に設けることで、水平クラッチやコラムホイールの動き(6時位置)を見ることができる。存在感のあるケースは独自のブルーセラミックスを採用し、美しい発色と緻密なメカニズムが見事に融合する。

NEXT PAGE /

CHANEL
シャネル/J12

CHANEL シャネル/J12
高耐性セラミックス×SSケース、38mm径、自動巻き。63万2500円/シャネル 0120-525-519

変わることなく進化を続け、裏にまで美学を注ぐ
誕生から20年目を迎えた今年、「J12」が全面リニューアル。一見、外見は変化がないようにも思えるが、リュウズの大きさを従来の3分の2に縮小させ、“AUTOMATIC”や“SWISS MADE”の文字をロゴと同じ書体にするなど、実に全体の約70%が刷新されている。

片やムーブメントは、技術革新によってさらなる進化を遂げており、COSC認定の高精度と約70時間のロングパワーリザーブを備える。サファイアクリスタルのケースバックを通して、美しい円をモチーフにしたオープンワークのローターが覗き、裏にまでブランドの美学が注がれているのだ。


ANTOINE PREZIUSO
アントワーヌ プレジウソ/ホースレース

ANTOINE PREZIUSO アントワーヌ プレジウソ/ホースレース
SSケース、縦40×横38.5mm、手巻き。162万4000円/アントワーヌ プレジウソ(一新時計 03-6854-5802)

ラグジュアリーな競馬場の熱狂を内に秘めて
表から見ればシンプルなトノウケースの3針モデルだが、その真価は裏にこそある。そこにはリュウズを巻くことで走り出す、騎手が乗った馬がレリーフされているのだ。内蔵するのは、ゼンマイ仕掛けの動く人形に組み込まれた伝統的なオートマタのメカニズム。かつて貴族たちが熱狂した競馬の風景を再現する高尚なからくり時計となっている。


OMEGA
オメガ/スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッド エディション

OMEGA オメガ/スピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッド エディション
今夏発売予定。世界限定1014本。K18ムーンシャインゴールドケース、42mm径、手巻き。371万円/オメガ 03-5952-4400

半世紀を迎えた偉業を讃えるケースバックのリング
アポロ11号による月面着陸から半世紀を迎え、当時宇宙飛行士たちに贈呈されたオメガ初の限定番号入りの記念モデルを復刻。バーガンディのセラミックスベゼルにゴールドの目盛りを入れ、インデックスにはブラックオニキスをセット。

またケースバックのリングにはアポロ11号の打ち上げ場所のケープ・カナベラル付近の地図と、対面に月隕石で月を表現する。地図で描かれる地球と月の大きさも実際の比率と同様だ。


※本文中における素材の略称:K18=18金、SS=ステンレススチール

星 武志(エストレジャス)=写真 石川英治(Table Rock. Studio)=スタイリング 柴田 充=文

# ウブロ# オメガ# 腕時計# 表裏一体
更に読み込む