2019.05.16
WATCH

マリーナとコラボしたクストスの新作は、ヨットを連想させる素材に遊び心がチラリ

去る1月にスイス・ジュネーブで開催された「SIHH2019」「WPHH」を中心とする腕時計の祭典。本誌取材班は今年も海を越えてかの地へ。そこで見た感動と世界の目利きたちが唸った傑作を厳選してお届けする。

2019年のクストスはマリンを舞台に、ヨットクルージングやリゾートのマリーナをテーマにする新作を発表。ダイナミックなそのスタイルに、ブランドのフィロソフィーが息づいている。


世界有数の高級マリーナとコラボレーション

「チャレンジ シーライナー クロノ ポルトフィーノ」/クストス
「チャレンジ シーライナー クロノ ポルトフィーノ」夏頃発売予定。世界限定50本。SS(ブルーPVD加工)ケース、縦53.7×横41mm、自動巻き。270万円/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949)

イタリアを代表するマリンリゾートであるポルトフィーノ。そして、ここに位置するマリーナ“ヨット クラブ オブ ポルトフィーノ”とパートナーシップを結ぶクストス。

今年新たに誕生した同マリーナとのコラボレーションウォッチは、ブルーに染められたケースに、船のデッキを思わせるチーク材を使用した文字盤を合わせる。さらに船具を模したインダイヤルを立体的にレイアウト。その姿は実に清々しく、大海原への想いを掻き立てる。


※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

柴田 充、水藤大輔=文

# クストス# SIHH2019# WPHH# 腕時計
更に読み込む