「大人ファッション」に迷ったらこの服、この着こなし、このショップ Vol.56
2019.04.23
WATCH

中身をすべて見せるボヴェの独創的な複雑時計に魅せられる

去る1月にスイス・ジュネーブで開催された「SIHH2019」「WPHH」を中心とする腕時計の祭典。本誌取材班は今年も海を越えてかの地へ。そこで見た感動と世界の目利きたちが唸った傑作を厳選してお届けする。

懐中時計で有名なボヴェは、持ち前の技術力を総動員した芸術的な新作で存在感を発揮。

2016年に発表したライティングスロープ型ケースの新作で多くの来場者を驚かせた。

今年、初めてSIHHに出展したそう。

 

トゥールビヨンさえ霞む独創サファイアケース

「リサイタル 26 ブレインストーム チャプター ワン」/ボヴェ
「リサイタル 26 ブレインストーム チャプター ワン」世界限定60本。サファイアクリスタル×チタンケース、48mm径、手巻き。3730万円/DKSHジャパン 03-5441-4515

6時から12時にかけて徐々に厚みが増すライティングスロープ型ケースを、ダイヤモンドに次ぐ硬さを誇るサファイアクリスタルで作り上げた意欲作。

オフセットされた文字盤をワンポールテントのような立体構造にする一方、針やムーンフェイズ表示はドーム状に設計。ケース内部の空間をフル活用し、どこにもない複雑時計を作り上げた。当然、三次元的に噛み合う歯車の構造も圧巻。

 

柴田 充、水藤大輔=文

# SIHH2019# WPHH# ボヴェ# 腕時計
更に読み込む