https://oceans.tokyo.jp/watch/2019-0402-3/

わかる人にはわかる「今何時?」。ユニークなセンス抜群の腕時計

このエントリーをはてなブックマークに追加

感性に任せて選ぶ、大人のためのカジュアルウォッチとして「オーシャン」「レトロ」「ユニーク」「シンプル」「パステルカラー」「テクノロジー」という6つのキーワードでセレクト。あなたのワードローブに加えるべき時計を自由なフィーリングで見つけて!

色の変化で知る、時の流れ

腕時計「セレステ ローズ/ゴールド」/ジーロ
腕時計「セレステ ローズ/ゴールド」SS(ピンクゴールドIP加工)ケース、40mm径、クオーツ。2万2038円/ジーロ(エックスカントリー info@xcountry-jp.com)、ニット2万2000円、パンツ2万1000円/ともにRHC(RHC ロンハーマン 045-319-6700)

オーロラから着想を得た2枚のグラデーションディスク。それぞれが回転し、2つの色の変化によって時刻を表すというなんとも不思議な仕組み。その色の経過を眺めるだけでも楽しくなること間違いなし。ちなみに写真は10時10分頃。


詩的に表現するワンハンド

「デイ&ナイト」/タックス
「デイ&ナイト」SS(ピンクゴールドIP加工)ケース、41mm径、クオーツ。2万4000円/タックス(マーサインターナショナル 03-5541-0170)

24時間で針が1周するワンハンド機構を、太陽(12時位置)と月(6時位置)を思わせる2つのサークルで詩的に表現。針が真上を向けば正午を、真下なら午前0時を指す。経年変化が楽しめるイタリア製オイルドレザーストラップを採用している点も大きな特徴だ。


あえて視認性を投げ捨てるアイロニー

「ジャカード」/ナヴァ
「ジャカード」SS(ブラックIP加工)ケース、39mm径、クオーツ。2万4000円/ナヴァ(ピーオーエス 04-2938-2277)

時分針の代わりに2つの四角い物体で時間を表示する。しかもジャカードを模した文字盤のグリッドパターンが、時とともに変化。このわかり難さこそが、アイロニカルなブランドの真骨頂だ。時間に追われないことの大切さを問う。


時計の概念を覆す文字の羅列

「W35」/クロックツー
「W35」SS(ローズゴールドPVD加工)ケース、縦35×横35mm、クオーツ。12万5000円/クロックツー(スイスプライムブランズ 03-4360-8669)

一見不規則に思えるアルファベットの羅列だが、ケース右側のボタンを押すと特定の文字が点灯。それを読み解けば、現在時間がわかるという寸法だ。さらにケース四隅のドットが1分単位で光るので、写真の場合は現在2時13分を示している。


触ればわかる、そのありがたみ

「さわる時計 ブラッドリー」/イーワン
「さわる時計 ブラッドリー」チタンケース、40mm径、クオーツ。3万7500円/イーワン(イーワン・ジャパン 03-4405-6020)

立体的なインデックスと2つのボールのおかげで、見ずとも触って時刻を判別。ケースサイドのボールが時を、文字盤のボールが分だ。視覚障碍者を思って生まれた1本だが、その温かいコンセプトは、すべての人を幸せにするはず。


ロボ?いえ、インダストリアルな時計!

「A24」/ネオログ
「A24」SSケース、34mm幅、クオーツ。2万1000円/ネオログ(マーサインターナショナル 03-5541-0170)

まるでロボットのような風体だが、れっきとした時計である。横に並んだ3つのデジタルメモリが、それぞれ左から1時間単位、10分単位、1分単位で積み上がっていく。ドイツのインダストリアルデザイナー、アルマン・エマミ氏とのコラボ作だ。


渡辺修身=写真 柴山陽平=スタイリング 菊地 亮=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
無駄を排した超ストイックなデザインから見えてくる、時計本来の魅力
2019.04.03
履き心地&見た目に効果絶大!「ユニークソール」スニーカー10選
2019.04.02
長く付き合える「ラド―」の時計は、人生の良きパートナー
何気ない日常をも輝かせてくれる。僕らに寄り添う「ラドー」の腕時計
2019.03.28
読めないヤツが魅力的、というのは男も腕時計も同じである
2019.03.24
履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12