https://oceans.tokyo.jp/watch/2019-0322-3/

40代に刺さる古き佳き趣。直感で選ぶレトロなカジュアル時計

このエントリーをはてなブックマークに追加

感性に任せて選ぶ、大人のためのカジュアルウォッチとして「オーシャン」「レトロ」「ユニーク」「シンプル」「パステルカラー」「テクノロジー」という6つのキーワードでセレクト。あなたのワードローブに加えるべき時計を自由なフィーリングで見つけて!

今回は、ジーンズやクルマと同じように古く佳き趣にグッとくる「レトロ」なカジュアルウォッチをご紹介。


今の装いにも寄り添うヴィンテージクロノ

「アーバン」/アンダーン
腕時計「アーバン」SSケース、40mm径、クオーツ。3万5400円/アンダーン(アンダーン ジャパン 03-5774-1447)、コート9万2000円/サイ(マスターピースショールーム 03-5414-3531)、ニット8万500円/クリスタセヤ(ビオトープ 0120-298-133)

文字盤デザインやケース、ベルト、さらには針の形状にいたるまで、自由にアレンジすることができるカスタムブランドの1本。テレメーターとタキメーターのメモリ、柔らかなクリームイエローのダイヤルがスポーツクロノグラフの原点を呼び起こす。


45年の時を超える“タイムマシン的”腕時計

「太陽電池搭載プロトタイプデザイン 継承モデル」/シチズン
「太陽電池搭載プロトタイプデザイン 継承モデル」SSケース、38mm幅、光発電エコ・ドライブ。2万5000円/シチズン 0120-78-4807

45年前に発表された太陽電池搭載のプロトタイプを、デザインはそのままに最新の光発電エコ・ドライブで再現した意欲作。レトロポップなダイヤルデザインやカーブを描くケースなど外見だけでなく、内面にも“タイムマシン的”なコンセプトを秘めるのだ。


問答無用のクラシカルな佇まい

「メリルボーン」/ヘンリーロンドン
「メリルボーン」SS(ピンクゴールドIP加工)ケース、39mm径、クオーツ。2万6000円/ヘンリーロンドン(ウエニ貿易 03-5815-5720)

ピンクゴールドカラーのケースにシルバーダイヤル、それに小窓とポインターで表示するトリプルカレンダー。ダイヤル下部にムーンフェイズをレイアウト。ヴィンテージウォッチのような佇まいが、有無を言わさず物欲を刺激する。


タフに生まれ変わった名作ミリタリー時計

「カーキ フィールド メカ」5万8000円/ハミルトン
「カーキ フィールド メカ」SSケース、38mm径、手巻き。5万8000円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)

軍用時計の代表格が、タフなテキスタイルストラップを備えてリボーン。ざらっとしたサンドブラスト加工の小径ケースや、男クサい“ならでは”のダイヤルデザインがナイス。リュウズを手巻きする動作でもレトロな趣が味わえる。


光の色が進化を語る永遠のレトロモダン

「マッハ2000 ダイオード」/リップ
「マッハ2000 ダイオード」SSケース、縦35×横35mm、クオーツ。3万5000円/リップ(DKSHジャパン 03-5441-4515)

現代のLED技術を用いて、1976年発表の発光ダイオードモデルを復刻。かつて赤でしか再現できなかった光の色を、鮮やかなオレンジに変貌させた。フランスの大御所デザイナー、ロジェ・タロンの造形は今も色褪せない。


画期的な防水時計が、より堅牢に、上品に

「マーリン」/タイメックス
「マーリン」SS(イエローゴールドIP加工)ケース、34mm径、手巻き。3万8000円/タイメックス(DKSHジャパン 03-5441-4515)

1950年代にいち早く防水・防塵性を備えた名機には、普遍的な機能美が宿る。当時のケースはメッキ加工された金属を使ったが、本作は堅牢なSS製。さらに、リザード型押しのレザーベルトで上品さもプラスする。


渡辺修身=写真 柴山陽平=スタイリング 菊地 亮=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
無駄を排した超ストイックなデザインから見えてくる、時計本来の魅力
2019.04.03
わかる人にはわかる「今何時?」。ユニークなセンス抜群の腕時計
2019.04.02
長く付き合える「ラド―」の時計は、人生の良きパートナー
何気ない日常をも輝かせてくれる。僕らに寄り添う「ラドー」の腕時計
2019.03.28
読めないヤツが魅力的、というのは男も腕時計も同じである
2019.03.24
履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12