https://oceans.tokyo.jp/watch/2019-0311-8/

Gショック✕ロンハーマンの8弾は幻のスティング・モデルをピックアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

目にも鮮やかなスカイブルーの色味もさることながら、90年代のG-SHOCK(Gショック)・ブームを通過してきたオーシャンズ世代なら丸々としたシルエットにも食いつくはずだ。

ロンハーマンがGショックとの別注第8弾で俎上に載せたのは、あの「DW-5700」。1987年に登場したGショック初のラウンドケース・モデルにして、通称“スティング”の名で親しまれた名作中の名作。英国ロックシーンのカリスマ・スティングが愛用していたことで、いつしかそう呼ばれるようになった。

2万9000円/Gショック フォー
ロンハーマン(ロンハーマン 03-3402-6839)

この名機が30余年の時を経て復刻、エクストリームスポーツに特化した“G-LIDE”からリリースされて話題になったのは昨年の夏。オリジンの設計思想を踏襲しつつ、海遊びに欠かせないタイドグラフを追加したそいつは「GWX-5700」の名を与えられ、再び僕らの前に現れた。

“帰ってきたスティング”の別注のポイントを解説

裏蓋に刻印されたロンハーマンオリジナルロゴ。

インラインは黒抜きの文字を採用しているが、ロンハーマンは白抜きの文字に変更。マット加工を施したシックなスカイブルーに映える。さらにダイヤルと裏蓋にはオリジナルロゴを刻印した。3月16日(土)にロンハーマン各店で発売される。

ちなみに、Gショックとのコラボでブルートーンのカラーは意外にも初採用。カリフォルニアの海に育まれたショップがつくるブルーは、やっぱり一味違う。

いかにも海を愛する男にぴったりなモデルである、とまとめて異論はないだろう。


[問い合わせ]
ロンハーマン
03-3402-6839

竹川 圭=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
「カルバン・クライン ウォッチ」が刺激する、大人の自由な意思と感性
2019.03.07
スニーカー、デニム、腕時計。37.5歳好みの三大要素をパックした最新号
2019.02.25
独創的な腕時計ブランド・カンパノラ。新作登場記念でトークショー開催!
2019.02.15
大幅リニューアルした「ISHIDA表参道」が、時計好きでもそうじゃなくても楽しすぎる
2019.01.09
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05