2019.02.10
WATCH

「あなたの時計見せてください」冬の街角ウォッチランキング

この冬、街角パパラッチで出会ったウン百人を対象に編集部が総力を挙げて行ったアンケート調査。愛用のデニム、人気ウォッチ、購入検討中のクルマ、育毛&健康事情、お小遣い問題……etc.。赤裸々な回答から明らかになった、37.5歳のお洒落生活にまつわるリアル。じっくりとご高覧あれ。

老舗ブランドの重み、新進ブランドの目新しさ。いずれも魅力的なのが腕時計の世界だ。ここでは、趣味のいい男たちが愛用する1本を徹底調査。2018-’19年の冬の街角ウォッチランキングはロレックスがトップを飾ったが、まだまだいるぞ、強豪は。今回は6位から10位、そして番外編のお届けだ!


6位 OMEGA オメガ

人類初の月面着陸に携行されるなど、幾多の輝かしい実績のあるブランド。街角では初めて購入した高級時計はオメガという人も非常に多く、これは圧倒的な知名度を裏付ける何よりの証拠となる。

OMEGA オメガ

“ムーンウォッチ”の異名を持つスピードマスターと、ビジネスでも使いやすいシーマスターは、ブランドの2大巨頭。


7位 AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ

世界三大腕時計ブランドのひとつに数えられる由緒正しき名門で、どのコレクションも高級品らしい風格を纏っている。また、今は所有していなくても「いつかはオーデマ ピゲを」と憧れを抱く人も多く見受けられた。

AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ

断トツ人気だったのはベーシックな2針・3針タイプのロイヤル オーク。その他、クロノグラフ、ダイバーズの愛用者もキャッチ。


8位 TAG HEUER タグ・ホイヤー

アンバサダーにプロテニスプレイヤー錦織圭選手を迎えたことで、日本における知名度を飛躍的に向上させたタグ・ホイヤー。主要シリーズはモータースポーツからインスピレーションを得ており、男好みなデザインとなっている。

TAG HEUER タグ・ホイヤー

支持を得ていたのは、ブランドのアイコニックピースであるカレラ。とりわけ、疾走感溢れるのクロノグラフが人気だった。


9位 HAMILTON ハミルトン

ペンシルバニア州ランカスターで産声を上げたアメリカ発のメジャーブランド。数万円クラスの手頃なクオーツウォッチから、玄人の琴線に触れるハイレベルな機械式時計まで揃う、幅広いラインナップが人気の理由だ。

HAMILTON ハミルトン

定番のジャズマスターだけでなく、ロックンロールの薫りがするベンチュラも依然、支持率高し。さらにはミリタリー系の愛用者も多かった。


10位 VACHERON CONSTANTIN ヴァシュロン・コンスタンタン

創業から一度も途切れることなく現在に至る世界最古の時計ブランド。2018年には魅力的な新コレクションを発表し、話題を集めた。

VACHERON CONSTANTIN ヴァシュロン・コンスタンタン

気品あるスポーツウォッチ、オーヴァーシーズの支持率が高い。


番外編 37.5歳のリアルな「ウォッチ」ライフ
いい大人の男は腕時計でこう遊ぶ! 個性が滲み出るカジュアルウォッチ

遊びやハズしとしてはもちろん、自分の個性を演出する道具でもある。リーズナブルな価格ゆえ、気分に合わせてアクセサリーのような感覚で新調する大人も多数発見。

セイコー プロスペックス、ルミノックス、スント
タフな服にタフな時計でタフな男へ
高機能なアウトドアウェア、骨太なライダーズジャケット。例えばそんな洋服の個性に合わせて、セイコー プロスペックスやルミノックス、スントを選ぶのもひとつ。


アクセサリーとのペアリングを
ネイティブジュエリーにはタフなGショックを、華奢なバングルには色みを揃えたダニエル・ウェリントンを。そんな感覚で、愛用ブレスとのペアリングを楽しんでみる。


マーク バイ マーク ジェイコブス、Gショック、ヴィヴィアン・ウエストウッド
感性にしたがって色を楽しむ
マーク バイ マーク ジェイコブスの深みのあるレッド、Gショックのオリーブ、ヴィヴィアン・ウエストウッドのブルー……。感性のまま、大好きな色をセレクトして。


>冬の街角ウォッチランキング【1位〜5位】はコチラ

# ヴァシュロン・コンスタンタン# オーデマ ピゲ# オメガ# タグ・ホイヤー# ハミルトン# パパラッチ# 腕時計
更に読み込む