2019.01.04
WATCH

国際化社会に生きる大人に相応しい、かの地とツナガル時計

GMT、ワールドタイマー、デュアルタイム……など、呼び方も仕様もさまざまあるが、要するにふたつ以上の時刻を一本で表示できる時計がある。世界を股に活躍する男にとっては当然、実用的。そのうえ、大切な誰かがいる、もしくは重要な何かがある、「かの地」ともツナガルことができる。前編に引き続き後半をお楽しみあれ。

GRAND SEIKO グランドセイコー
スポーツコレクション
機能を正統進化させた名作クオーツのGMT

2019年1月発売予定。SSケース、39mm径、クオーツ。33万円/グランドセイコー 0120-302-617

クオーツムーブメントの精度を追求する日本発信のグローバルブランドから、「キャリバー9F」シリーズ初のGMTモデルが登場。便利なのは時差のある地域の時刻に合わせるときに、時計を止めずに時針のみを動かせる点。これにより、クオーツ時計の高い精度を失うことなく、操作することが可能となった。

また高いトルクを持つツインパルス制御モーターのおかげで、力強く存在感のあるGMT針を装着することにも成功している。


HAMILTON ハミルトン
ブロードウェイ GMT 限定モデル
ロングパワーリザーブが旅の頼りになる都会派モデル

世界限定2018本。SSケース、46mm径、自動巻き。16万6000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371

都会的な男性に向けて2016年に登場したモデル「ブロードウェイ」に、数量限定のGMTモデルが登場。24タイムゾーンを表す都市表示のセラミックスベゼルを備えており、どこにいても腕元を見るたびに旅を感じさせてくれる。ハミルトン専用に開発された80時間ロングパワーリザーブの「H-14」を搭載し、機能面の信頼性も高い。


VAN CLEEF & ARPELS ヴァン クリーフ&アーペル
ミッドナイト ユール ディシ
エ ユール ダイヨール ウォッチ
2つの窓からそれぞれ覗く「こちらとあちらの時間」

K18PGケース、42mm径、自動巻き。312万5000円/ヴァン クリーフ&アーペル 0120-10-1906

時の詩的表現で世界的に評価の高い、同社が手掛けるデュアルタイム時計。モデル名「ミッドナイト」に続く語を訳せば「こちらの時間、あちらの時間」と、名前も凝っている。ジャンピングアワーで2つの時間を表示。上方の窓が「こちら」で下方の窓が「あちら」に。分針はレトログラードを採用。同社のセンスと、提携する時計製作工房アジェノー社の高い技術が融合している。


MECCANICHE VELOCI メカニケ・ヴェローチ
アイコン ナイトライト
進化をやめない4時刻表示のインパクトウォッチ

チタンケース、49mm径、自動巻き。88万円/ビックグローブ 03-3401-8006

エンジンのシリンダーにインスパイアされた大型の独創的なケースデザインに、4つの時間帯を表示するユニークな機能が人気となっている、名前どおりの「アイコン」。最新モデルには、1つのムーブメントで4つの文字盤を駆動させる独自開発の自動巻きムーブメントMV8802を搭載する。チタンケースに施した美しいペルラージュ加工に、塗り分けられたカラフルなダイヤルがひと際映える。


JAEGER-LECOULTRE ジャガー・ルクルト
レベルソ・トリビュート・デュオ・ラージ
裏表で使用できる名品のデュアルタイム

ケースを裏返すとドレッシーな白文字盤! 世界限定100本。K18PGケース、縦49.4×横29.9mm、手巻き。247万5000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

シンボリックな反転ケースの両面に、時刻表示を備えたレベルソの「デュオ」。1つのムーブメントで、異なる2つの時刻を動かす仕組みだ。いずれかをローカルないしはホームに設定できるエレガントな実用時計といえる。もちろん気分に合わせて黒か白かを選ぶのもよし。

こちらは、アルゼンチンのブーツ専業ブランド、カーサ・ファリアーノとコラボレーションしたコードバンレザーのストラップを装備。アール・デコの精神が宿る、エレガントなゴールド製レクタンギュラーケースとの相性は抜群だ。


※本文中における素材の略称は以下のとおり。
SS=ステンレススチール、K18=18金、PG=ピンクゴールド


柴田 充、髙村将司、中村英俊、戸叶庸之=文

# グランドセイコー# ジャガー・ルクルト# ハミルトン# GMT# ツナガルトケイ# デュアルタイム# ワールドタイマー# 腕時計
更に読み込む