オーシャンズな男よ、100%ハワイを遊べ! Vol.84
2018.07.25
WATCH

これぞ最大の愉悦。お酒を片手に眺めたくなる絢爛な腕時計

見る楽しみ。それは時計を所有した者のみ許された、最大の愉悦。だから今夜もお酒を片手に……、これは結構“あるある”なのだ。

DOLCE&GABBANA
ドルチェ&ガッバーナ/ガトーパルド
エングレービングとMOPで絢爛な世界観を表現

K18PGケース、40mm径、自動巻き。275万円/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6419-2220

豪華絢爛。そんな言葉がぴったりなモード界の重鎮、ドルチェ&ガッバーナは、まるでハイジュエリーのような時計を発表。定番のラウンドウォッチ、DG7をアップデートした新作ガトーパルドは、その世界観を押し広げる造作が随所に見て取れる。

よく見ると、金無垢のケースには職人の手作業による繊細なエングレービングが施され、芸術的な仕上がりに。ローマインデックスが懐古趣味に花を添え、ダイヤルにはブラックMOPの妖艶な美しさを現出する。

 

RADO
ラドー/トゥルー シンライン ネイチャー
技術の粋が詰まった緑一色の時計

ハイテクセラミックスケース、縦39×横43.3mm、クオーツ。21万円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7330

美しいオールグリーンの時計。確かにダイヤルカラーとして注目される色だが、ケースまで緑! 通常、こうした色をセラミックスケースで再現するとなると品質を安定させることが大変難しい。

だが、セラミックスを早くからケース素材として取り入れてきたラドーには一日の長があり、それゆえかくも深みのあるグリーンセラミックスが表現できるのだ。葉脈の構造をプリントしたMOPダイヤルとともに、本作でしか味わえない色の世界に浸りたい。

 

BULOVA
ブローバ/カーブ
手首に沿う様は、着けて良し、眺めて良し

SSケース、44mm径、クオーツ。12万円/ブローバ 0570-03-1390

手首に沿うように湾曲したケース、というのは耳にしたことがあるかもしれない。しかし、ムーブメントまで曲がっているとなると、そうそうない。

2016年に発表され、世界初のカーブしたクロノグラフムーブメントが話題となった、その名も「カーブ」の最新作はブレスレットタイプ。

ケース形状だけでなくブレスレットにも人間工学が用いられ、その装着感は、身に着けたものだけが知る愉悦。横から眺めるのもまた良しだ。

 

TIRET
ティレット/オートマティック クロノグラフ スケルトン
ベゼル交換システムで気分も日々転換を

9月発売予定。SSケース、47mm径、自動巻き。200万円[予価]/ビックグローブ 03-3401-8006

高級時計はいくらでも欲しいけど、そうそう何本も持てるものでもない。でも、気分くらいは変えたくて……。そんなワガママに応えるのが、ジュエラーを出自とするNY発のウォッチメーカー、ティレットの代名詞的存在となるベゼル交換システム。

写真ではスポーティなスケルトンクロノグラフだが、ダイヤパヴェなどを含む、豊富に揃う別売りのベゼルでさまざまな顔を楽しめるのだ。

 

※本文中における素材の略称は以下のとおり。
SS=ステンレススチール、K18=18金、PG=ピンクゴールド

# ティレット# ドルチェ&ガッバーナ# ブローバ# ラドー
更に読み込む